車検証 住所 車売却

車検証の住所が違う車は売却できる?

住民票があれば売却は可能です。

 

住民票は旧所有者から新所有者へ、車の名義変更をする際に使用します。通常、車を売却する際には、印鑑証明、委任状・譲渡証明書・車検証・自動車税納税証明書・自賠責保険証・リサイクル券が必要になりますが、これにプラスして住民票をくっつけてあげれば、問題なく手続きはできます。

 

なぜ住民票が必要かというと、車検証の住所と現住所を繋ぐためです。現住所は、印鑑証明を使用して証明するのですが、車検証の住所が異なる場合、印鑑証明だけでは事足りないために、住民票を一緒に添付するのです。

 

注意点

 

ただ1点だけ注意点があります。車を所有してから何度も転居を繰り返していると、住民票に車検証の住所が記載されてこないケースがあります。その場合は、「住民票の附票」を用意しなければなりません(過去の住所が全て記載されたもの)。

 

渋滞

車を購入してから転居をした覚えがある方は、まずは車検証の住所を確認してみましょう。「住民票の附票」はあまり聞きなれない書類で少し難しく感じるかもしれませんが、役所で2つの住所が記載されているものと話せば、問題なく手続きすることは可能でしょう。

 

また不明な点があれば、車を売却する業者に詳しく聞いてみるとよいでしょう。書類が揃わず一番困るのは業者ですので、丁寧に教えてくれると思います。

ここだけは要チェック!当サイト人気コンテンツTOP3

当サイトで人気の高い記事をピックアップ!車の売却を検討中の方は、参考にしてみて下さい。

査定価格を限界まで引き上げる3つの方法

車査定

 

失敗しない!車を高値で売るための基本ルール

≪誰でも使える!査定価格をアップさせる3つの鉄則≫
時間が無い方や文章を読むのが苦手な方はこちらをお読みください。車を売る際に最低限しなければならないことをまとめています。

元・ディーラー営業マンが教える交渉術

査定アップ

 

勤務歴5年の元・ディーラー営業マンが大暴露!?

≪価格交渉で絶対負けない!すぐに使える実践交渉術≫
業者は自動車売買のプロです。言われるがままの価格で車を売却してしまうと100%損をします。ぜったい得する裏ワザテクニックを紹介しています。

車の相場を簡単に調べる方法

相場を調べる

 

車を売るなら相場価格を知ることは必須!

≪自宅で3分!車の相場価格を簡単に調べる方法≫
多くの方は、クルマの本当の価値を知らぬまま手放します。日本車は海外での人気がとても高く、あなたが思っている以上に価値は高いんですよ。


HOME 査定価格を引き上げる3つのコツ 元・ディーラー営業マンが教える交渉術 高額査定を引き出せる時期