車 売却 注意点

車を売却するときに知っておくべき5つの注意点!

注意

 

クルマを売るとき、

少しでも高く買取ってほしい

余計なトラブルを避けたい

手間をかけずに手放したい

 

このように思われる方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、どの業者に売ればいいか分からなかったり、どうすれば高く売れるのか知らなかったり…。

 

ほとんどの人が、本来の相場よりもずっと低い金額でクルマを手放してしまいます。

 

自分では上手く交渉して高値を引き出せたつもりでも、実際は業者に踊らされて安く買い叩かれていただけだとしたら、ホント悲しいですよね。

 

では、なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか?

 

それは、業者とお客さんの間では経験と知識の面で大きな差があるからです。

 

業者は車取引のプロ。毎日現場で商談をしているぶん場数が圧倒的に違うし、トレンドや相場感もしっかり把握しています。

 

そこに、一生のうち数回程度しかクルマを売る機会がない素人が飛び込めばカモにされて当たり前。

 

よくテレビCMでは「あなたのクルマを高く買い取ります!」と謳っているけれど、どこの会社も出来るだけ安く仕入れて、少しでも高く売りたいというのが本音です。

 

それに対抗しようと、一般人が知識を得ようと思っても、ホームページやブログに書かれている内容は業者側が発信する偏った情報だったり、アフィリエイト狙いのステマ広告だったり…。なかなか有益な情報を見つけ出すことが難しいのが現状です。

 

そこで当記事では、元クルマ屋の立場から中古車を売る際に抑えておくべき注意点と、より高く売るためのポイントについてくわしく書いていきます。

 

かなり突っ込んだ内容なので、クルマを売却予定の方は参考にしてみてください。

 

あなたは大丈夫?多くの人が誤解する意外な注意点

@査定前に車をキレイにしても意味がない

洗車の画像

 

査定の前に「洗車をしましょう!余裕のある人はワックスもかけるとよいですよ。」という情報をよく目にしますが、これは真っ赤なウソです。

 

どんなに洗車やワックスをしても、査定額がアップすることはありません。

 

査定のチェック項目についてはこちらの記事でくわしく書いているので省略しますが、減点対象になるのは「キズ・凹み・サビ」。洗って落ちるくらいの汚れであれば、価格には一切影響しません。

 

関連記事:車査定で必ずチェックするポイントとは?

 

関連記事:傷や凹みのある車をより高値で売るには?

 

むしろ多少汚れた状態で持っていったほうが、細かいキズやダメージをカモフラージュできるので、高額査定を期待できるのではないでしょうか。

 

それでは、なぜこのようなデタラメな情報が出回っているのでしょうか?

 

それは、元々査定をするうえで、ボディが綺麗なほうがキズや凹みを発見しやすいためです。お客さんに自ら洗車をしてきてもらえるように、業者が意図的に情報発信したことが始まりでした。

 

つまり、洗車をすることでメリットがあるのはお客ではなく業者なのです。

 

わたしがクルマ屋で働いていた頃も、店舗では必ず洗車をしてから査定をおこなっていました。お客さんには「わざわざお店まで来てくださったお礼ですよ!」なんて言っていましたが、ホントは外装が汚いとキズと汚れの見分けがつかず大変だからなんですよね。

 

ほかにも、キズの補修や車検などもわざわざおこなう必要はありません。業者側には、より低コストでできる仕組みがあり、いくらお金をかけてもそれに見合うほど査定がアップすることなんてあり得ませんから。

 

余計な手間はかけず、そのまま査定に出してしまいましょう。

 

A「一社のみ」の見積依頼は危険

御見積書の画像

 

クルマを高く売るなら、複数の業者に査定を依頼するのがポイントです。

 

たくさんの業者から見積をとれば、およその「相場感」が掴めるので、現実的な目標金額を設定できます。

 

また、提示された金額が「高いのか?安いのか?」を判断できるようになり、安く買い叩かれる心配もなくなるでしょう。

 

実際やってみると分かるのですが、「えっ…こんなに!?」ってくらいお店ごと価格が大きく違います。車種によっては、軽く30万以上も差が出るのでビックリします。

 

なので、損をしたくないのであれば、まずは5社以上の買取店から見積を取ることが大切です。

 

ただし、最初の段階では、わざわざお店にクルマを持っていき、実車査定までしてもらう必要はありません。一軒一軒お店を回っていたら、ガソリン代がもったいないし、時間がいくらあっても足りません。

 

ここでは大体の相場を調べるだけなので、その場で出来る「車一括査定サイト」を利用するとよいでしょう。30秒ほどの入力だけで、「A社は87万、B社は63万、C社は59万…」と買取業者がどんどん価格を提示してくれます。

 

登録業者は、ガリバー・アップル・ビッグモーターなどの大手ばかり。もちろん見積を取った結果、その気にならなければ売らなくても大丈夫です。

 

無料で使えるサービスなので、気軽に試してみてください。

 

一括査定サイトで車の価格を調べる!

 

簡単車査定ガイド

利用者実績NO.1「かんたん 車査定ガイド

45秒で最大10社の査定価格が提示されます。

 

一括査定サイトを利用するうえで、1つだけ注意点があります。

 

それは、一括査定で提示される価格は、最終的な買取金額ではなく、あくまで「概算見積」にしか過ぎないという点です。そのため、現物を査定してもらい交渉してみななければ、最終的な金額は分かりません。

 

なかには、見積書では高値を付けているにも関わらず、実車査定になった途端、あれこれ難クセをつけて安く買い叩こうとしてくる悪質な業者もいます。

 

そういった業者にダマされないためにも、実車査定の依頼をする際は、見積価格がイチバン高い業者だけにお願いするのではなく、価格の高い順から上位3社にしぼって依頼しましょう。

 

もちろん、5社でも6社でも構わないのですが、あまり数が増え過ぎると、今度は逆に手が回らなくなってしまいます…。立ち会いや交渉など余計な手間が増えるだけで、最終的な金額も変わりません。

 

反対に、3社以下だとサンプルが少なすぎて相場を見誤る恐れがあるし、業者同士に価格を競わせて引き上げることも難しくなります。

 

業者の数は多過ぎず、少な過ぎず。「上位3社」に依頼するのが、有利な交渉を進めていくうえでベストといえます。

 

一括査定サイトで車の相場を調べる!

 

Bその場で「契約」は絶対ダメ!

契約書の画像

 

一括見積で上位 3社まで絞り込んだら、次に無料出張査定を依頼します。

 

査定に要する時間は 1社あたり30〜40分程度なので、3社合わせても 2時間かからないくらいで終わるでしょう。

 

スケジュールを組む際は、業者同士がバッティングしないように時間を調整してください。

 

アポが被っても特に問題ないのですが、1人で複数の業者と一気にやり取りするのは大変ですし、同時におこなうメリットは何一つありません。

 

「急がば回れ」という言葉もあるように、1社ずつ対応したほうが結果的にも早いのです。とりあえず、初回は査定に来てもらうだけ。1社あたりの時間をかけ過ぎないのがポイントです。

 

価格交渉のタイミングについては後述しますが、3社すべての価格が出揃った時点でスタートさせましょう。

 

ただし、これはあくまでお客サイドの事情。業者からすれば「即決契約」が欲しくてたまりません。

 

というのも「クルマを安く買取ること」「時間をかけずに契約を取ること」こそが、会社や上司からの評価に繋がるからです。

 

さらに出張の場合、ネットの一括見積とは異なり、わざわざ依頼者の自宅まで行って査定をおこないます。もし契約が取れなかった場合、丸々その分の手間やコストがムダになってしまいます。

 

おのずと業者側にも力が入るのです。

 

 

本日中に決めていただけるのなら、通常より10万円高く買い取らせていだきます!


 

 

とてもキレイに乗られているので、私どもも精一杯頑張らせていただきました!


 

 

どこで売っても変わりませんよ!


 

といった感じで、なんとか契約まで漕ぎつけようと売り煽ってきます。

 

しかし、このような誘いに応じては絶対にいけません。業者の言い値で売ってしまうと、確実に損をしてしまうからです。

 

そもそも煽ってくる業者の価格がイチバン高いなんてありえませんし、一発目から最高額を提示してくる業者なんかいませんよ。

 

交渉されることは織り込み済みで、最初は”そこそこ”抑え気味の価格からスタートします。そこで相手の出方を見ながら、少しずつ価格を吊り上げていくのです。

 

「そんなのズルい!」と思われる方もいるでしょうが、初めからマックスで出してしまうと、どんなに交渉されても上乗せすることができません。

 

そうすると、お客さんに対して”頑張った感”が伝わらず、結果的にサービスが悪いと思われてしまうこともあるのです。

 

それよりも、初めは若干低めに出しておいて、お客の要望を聞きながら価格を上げていくほうが最終的に感謝されることも多いです。

 

また、相手に納得さえしてもらえれば、相場よりもずっと安くクルマを買取ることだってできます。業者だって商売ですから、1円でも安く仕入れたいのは当然ですよね。

 

私がディーラーで働いていた頃も、よく上司から「お客さんに得をしてもらうことではなく、”得だと感じてもらうこと”が仕事なんだ。」と言われていました。

 

確かにその通りです。どんなに安く買い叩かれようが、お客さん自身が満足していれば、それでいい訳ですから…。

 

厳しいですが、これが現実です。くれぐれも、初回査定時に契約をしてしまわないように気をつけましょう。

 

C「価格交渉」をしてはいけません!

ディーラ営業マン

 

いきなり価格交渉をしてはいけない、と言われて驚いた方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、これは事実です。クルマを高く売るなら、巧みな話術も、クルマに関する専門知識も一切必要ありません。

 

ライバル同士(実車査定済みの上位 3社)の価格を競わせ、イチバン条件の良い業者に譲ればいいだけです。

 

たとえば業者から、

 

 

ご希望額はおいくらですか?


 

 

今すぐ決めてもらえませんか?


 

と聞かれても、「イチバン高い業者にお譲りします」とだけ答えて、その場は一旦保留にしてしまいましょう。

 

そして、3社すべての価格が出揃った時点で、

 

 

A社では63万円でした。B社さんではいくらまでいけますか?


 

 

B社では87万円までいけるそうです。C社さんはどうですか?

 

これ以上難しければ、B社さんにお譲りしようと思っています。


 

といった感じで、各社を競わせ、どんどんと価格を引き上げていきます。

 

なかには、正直に希望額を伝えてしまう方もいますが、伝えたからといって価格が上がるモノでもありません。「これが限界ですね」「どこに持っていっても一緒ですよ」と受け流されて終わりです。

 

逆にヘタなことを言うと、相手に足元を見られ、付け入るスキを与えてしまう危険性があるので気をつけてください。

 

基本は何を聞かれても「クルマのことはよく分かりません」「イチバン条件の良いところにお譲りします」の一点張り。そうすることで、相手の巧みな営業トークや交渉テクニックを封じ、こちらの要求を飲まざるを得ない状況を作り出すことができるのです。

 

つまり、”交渉”でもなく、”駆け引き”でもなく、単純に価格を比較して、業者同士を競わせればいいだけ。この方法であれば、クルマに詳しくない女性でも、カンタンに高値を引き出すことができます。

 

限界値は、業者が渋りながら数千円単位で価格を上乗せしてくるあたり。しつこく食い下がってもお互いメリットがありません。引き際をしっかりと見極め、気持ちの良い取引を心がけましょう。

 

試しにこの方法を友人や家族に教えてみたところ、平均21万5,833円の査定額アップに成功しました。

 

なかには「競わせるなんて申し訳ない…」と思う方もいるかもしれませんが、そもそもネットの一括査定の場合、業者側も他社と比較されることを前提で商談にやってきます。

 

最終的な売り先が決まった時点で、残りの 2社に対しては「◯◯◯(買取業者)さんで決めました」と断りの電話を入れれば問題ないでしょう。

 

D忘れ物がないか確認しよう!

車内の画像

 

査定時

査定の際、地味に価格に影響するのが、

 

車の保証書

整備手帳

取扱説明書

 

上記 3点セットが揃っていると、1〜3万円ほどプラスになるので、必ず準備しておきたいところです。

 

とくに整備手帳は、査定士がイチバン最初にチェックをする大事な資料。メンテナンス状況や走行メーターの交換歴など、そのクルマの歴史がすべて記録してあります。

 

定期的にメンテナンスされていることが確認できれば、そのぶんプラス査定になるし、逆に記録簿を紛失してしまうと減額になるだけでなく、正確な査定額を出すまで時間もかかってしまいます。

 

国産車であれば、保証書とセットになっていることが大半です。売る直前になって慌てて探しても遅いので、事前に確認しておくとよいでしょう。

 

関連記事:車査定で必ずチェックするポイント

 

 

引き渡し時

クルマを業者に引き渡す際、室内に忘れ物がないかチェックすることも大切です。

 

最も多いのが「ETCカード」「CD」「DVD」の抜き忘れ。私もディーラー時代に必ずチェックしていましたが、5人中1人くらいの割合で忘れていました。

 

あと不要なモノを車内に積みっぱなしにする人がいますが、これもヤメたほうが良いでしょう。

 

引き渡しでは、クルマは空っぽの状態が基本。あまりにヒドい場合、業者側から処分費用を請求されることもあるので気をつけてください。

 

まとめ

いかがでしかたか?

 

今回はクルマを売るときの注意点として、5つの重要なポイントを紹介しました。

 

一つ一つ実践することで、相場より高くクルマを売ることができるし、余計なトラブルに巻き込まれるリスクも少なくなるでしょう。

 

面倒に感じるかもしれませんが、ぜひ実践してみてくださいね。

 

車を高く売るには?

簡単車査定ガイド

 

複数の買取業者に査定依頼をしたところ、平均21万5,833円の査定額アップに成功しました。

 

車を高く売るコツは、一括査定サービス「かんたん車査定ガイド」を利用することです。最大10社の一括査定が受けられ、自宅にいながら車の最高額がわかります。

 

申込みはたったの1分♪無料で使えるサービスなので、気軽に試してみてください。

 

中古車の一括査定はこちらです

一括査定できる車買取会社

中古車ディーラー一覧

 

 

関連記事

「買取」と「下取」の違い

トヨタディーラー

えっ…こんなに差が出るの!?
≪悪徳業者にダマされるな!失敗しない優良業者の選び方≫
よくネットの情報では「ディーラーの下取は安いので、買取店がおすすめ!」などと書かれていますが、実際は…

続きを読む


 

車を売るときに必要な書類

車を売るときに必要な書類

必要書類チェックリスト付き!

≪車をスムーズに売るために準備すべき書類まとめ≫
「印鑑証明書」「納税証明書」等など、車を売るときに必要な書類はたくさんあります。そこで…

続きを読む


 

車査定のキズ・凹みの減点方法

相場を調べる方法

キズは事前に修理すべき!?

≪キズ・凹みのある車をより高く売るための方法≫
実際の現場で使われている査定の減点方法を公開し、キズのある車をより高値で売るためのノウハウを紹介しています。

続きを読む



HOME 査定価格を引き上げる3つのコツ 元・ディーラー営業マンが教える交渉術 高額査定を引き出せる時期