車売却 ボディカラー

車のボディカラーは売却額に影響する?

1980年代、日本のマイカーといえば、誰もがホワイト系を選んでいました。特にお盆などの大量移動の時期に高速渋滞の長ーい車列を見ると、どこまでいってもホワイトの車ばかり。白い帯のようで、感嘆するほど。横並びを重んじる国民性、などともっともらしく論評する人もいました。

 

時代は変わって、好みも多様化し、現在は、かつてのようなホワイト一辺倒ではなく、ブラックやシルバーのボディカラーも珍しくありません。決してホワイトが不人気になったということではなく、ブラックは若者に、シルバーは大人の世代に支持され…と、棲み分けのようなものがある中に、あらゆる年齢層に支持されているのが、ホワイトです。

 

ホワイトのボディカラーは、どうして人気が高いのでしょうか。

 

国民的“無難カラー”である

 

視認性が良く、事故に遭いにくい

 

退色や雨じみが目立ちにくい

 

以上、ホワイトのボディカラーが、売却に有利とされる所以で、他のカラーと比較して、買い取り額に万単位の差がつくことも少なくありません。

 

しかしながら、車種やデザインによっても、フィットするボディカラーがあります。現在、ホワイトのボディカラーに人気が高い車は、大型のセダンやミニバンです。

 

反対に、女性オーナーが多い軽乗用車では、ピンクや淡いパープルなど、セダンとは異なるカラーに人気が集まる傾向があります。

 

また、輸入車の場合、流行にはそれほど左右されずに、モータースポーツのナショナルカラーをベースにした車ごとのシンボルカラーを重視する人が圧倒的。

 

イタリア車のアルファロメオやフェラーリはレッド、フランス車のルノーはブルー、イギリス車のジャガーはグリーン、ドイツ車のメルセデスベンツはシルバーがシンボルカラーで、これを厳守して購入する向きが少なくありません。

 

日本のナショナルカラーは、ホワイト地にレッド、日の丸のイメージです。こんなところにも、日本の根強い“ホワイト志向”が影響しているのかもしれません。

 

ここだけは要チェック!当サイト人気コンテンツTOP3

当サイトで人気の高い記事をピックアップ!車の売却を検討中の方は、参考にしてみて下さい。

査定価格を限界まで引き上げる3つの方法

車査定

 

失敗しない!車を高値で売るための基本ルール

≪誰でも使える!査定価格をアップさせる3つの鉄則≫
時間が無い方や文章を読むのが苦手な方はこちらをお読みください。車を売る際に最低限しなければならないことをまとめています。

元・ディーラー営業マンが教える交渉術

査定アップ

 

勤務歴5年の元・ディーラー営業マンが大暴露!?

≪価格交渉で絶対負けない!すぐに使える実践交渉術≫
業者は自動車売買のプロです。言われるがままの価格で車を売却してしまうと100%損をします。ぜったい得する裏ワザテクニックを紹介しています。

車の相場を簡単に調べる方法

相場を調べる

 

車を売るなら相場価格を知ることは必須!

≪自宅で3分!車の相場価格を簡単に調べる方法≫
多くの方は、クルマの本当の価値を知らぬまま手放します。日本車は海外での人気がとても高く、あなたが思っている以上に価値は高いんですよ。


HOME 査定価格を引き上げる3つのコツ 元・ディーラー営業マンが教える交渉術 高額査定を引き出せる時期