ディーラー 買取業者

ディーラーと中古車買取業者の違いとは?

本日は、ディーラーと中古車買取業者の違いについて書いていきたいと思います。当サイトに訪問してくれる方の多くは、ディーラーと買取業者、一体どちらが高値で車を買取してくれるの、という情報に関しても興味があるかと思いますので、その辺りについても詳しく言及していきたいと思います。

 

日本には、昔から「餅は餅屋」という言葉がありますが、自動車業界に関しても、ディーラーは「新車」、中古車買取業者は、「中古車」です。あくまでディーラーは新車を購入するお店であり、中古車は中古の車を扱うお店です。

 

ディーラーの中古車は安全?

たまに中古車を購入する際も、割高でも整備が行き届いているディーラーで購入する方が安心というお客様もいらっしゃいますが、ディーラーで扱っているから安心できる、とういうのは大きな間違いです。

 

トヨタにしても、ホンダにしても、マツダにしても、実際に働いている営業マンや整備士のレベルは、中古車業者と大きな違いはありません。

 

そのレベルが変わらない営業マンが査定をして、同レベルの整備士が整備をする、という構図は変わらない訳ですから、ディーラーの中古車には「保証」が付いているからといって、高品質な中古車を扱っているかといえば、そういう話でも無いのです。それは、あくまでネームバリューであり、顧客にとってお得な訳ではありません。

 

はっきり言って、ディーラーの中古車は割高です。その価格差と品質が、吊り合っているかと言ったら、私はそうは思いません。他の頁でも書いていますが、メーカーとディーラーは全くの別会社です。ディーラーは、メーカーから車を仕入れているだけで、イチ販売店に過ぎないのです。

 

ですから、これから中古車を購入しようと考えている方は、ディーラーだから安心、中古車業者だから危険といった、偏見で車を見るのではなく、走行距離・年式・相場・事故歴・修復歴といった事実を基に、価格を照らしあわせて、自分が本当に納得した形で購入する事が大切なのです。

 

ディーラーと中古車業者、どちらで車を売却すれば良い?

よくディーラーでは、「うちで下取りを入れてくれたら、新車から○○万円、値引きしますよ!」という営業トークがありますが、冒頭でもお話した通り「餅は餅屋」。ディーラーの査定価格は、決して高いとは言えません。

 

新車ディーラーでは、安く車を仕入れて、保証等を付けて、高値で売却というのが基本になります。それには理由があり、立派なショールームと、莫大な人件費を補うためには、そのようにせざるを得ないというのが実情です。ましてや、今後、新車が売れなくなると言われている世の中です。

 

健全に経営をしていくためには、お客様から安く車を仕入れて、高値で売却するしか方法が無いのです。新車の方が価格が高い分、勘違いされている方も非常に多いのですが、新車を扱うディーラーですが、利益で換算すると、新車を販売するよりも、中古車を販売する方が確実に儲かっています。

 

メーカー(実際には別会社)という看板を大きく掲げている分、中古車の方が割高、つまりネームバリューによって、相場以上の価格で中古車を販売しているのです。

 

「下取りで入れてくれれば、新車の値引きを大きくするよ!」等といったセールストークで騙されてはいけません。相場よりも安く仕入れて、相場よりも高く販売するのが新車ディーラーの手口であり、新車からの値引き価格等、冷静に考えれば、たかが知れています。

 

ですので、8割方、中古車は中古車買取業者に売却するのが、結果的にはお得です。稀に、交渉が上手な方であれば、ディーラーの口車に乗ることなく、車を相場以上の価格で売却する方もいますが、本当に稀なケースだと言って良いでしょう。

 

ガチで、ディーラーと中古車業者で査定価格を競い合ったら、中古車業者が圧倒的に有利です。

 

何故なら、ディーラーは、仕入れた中古車を基本的には、地元でしか販売することが出来ませんが、大手中古車業者はインターネット等をフル活用して、全国に車を販売できる大きな販売網を持っているからです。

 

ですから、車を売却する際は、ディーラー営業マンの口車に乗ることなく、必ず複数の業者で査定をして、相場を調べてから、価格を競わせ、一番高い価格で買い取ってくれる業者を見つけることが大切です。

 

検証して貰えれば分かる事ですが、査定価格を競わせた際に、最終的に一番の高値を付けてくれるのは8割方、中古車業者であり、新車ディーラーではありませんから。

 

 

 


HOME 査定価格を引き上げる3つのコツ 元・ディーラー営業マンが教える交渉術 高額査定を引き出せる時期