対人賠償

対人賠償とは?

被害者救済のための保険

 

対人賠償とは、自分が運転している車で事故を起こしてしまい、相手が死亡させてしまったりケガをさせてしまった場合に保険金が支払われます。

 

恐らく当サイトに訪問している方でも「対人賠償」に加入されていない方はいないのではないか、というくらい重要かつ自動車保険の柱ともいえる補償になります。

 

契約時に、被害者1名につき◯◯円といった形で保険金を決めていくのですが、対人賠償は必ず無制限でかけておくことをおすすめします。保険会社やカーディーラーなどで保険の見積を取ると、ほぼ100%「無制限」の設定になっていると思います。

 

被害者救済の観点から、どんな事故が起こった場合でも被害者に対して万全の補償をするという「被害者救済のための保険」だということを覚えておきましょう。

 

「無制限」ではなく「〇〇円」にしたら保険料は安くなる?

 

対人賠償を例えば、「無制限」ではなく「5,000万円」に設定したら保険料は安くなるでしょうか?答えはノーです。対人賠償の補償金額を下げても、保険会社によって設定は異なりますが、年間で数百円〜千円ほどしか保険料は下がりません。

 

自動車は時に、凶器にもなり得ます。
「もし仮に自分が運転する車で人を死亡させてしまったら?」
「後遺症が残るような大きなケガをさせてしまったら?」

 

必要な補償を削ってまで、年間数百円の保険料を安くすることは賢い選択ではありません。万が一のことを想定し、対人賠償は必ず「無制限」で加入するようにしましょう。


HOME 査定価格を引き上げる3つのコツ 元・ディーラー営業マンが教える交渉術 高額査定を引き出せる時期