車両保険

車両保険とは?

大きく分けて2種類

 

車両保険は「一般車両保険」と「エコノミー車両保険(車対車+A)」の大きく2つに分けることができます。エコノミー車両保険は、保障の範囲を限定することで保険料を安く抑えることができます。

 

一般車両保険とエコノミー車両保険のどちらに入れば良いのかは、それぞれの運転の仕方・ペース・車の年式などによっても異なります。ここでは一般車両保険と、エコノミー車両保険の違いについて詳しく説明していきたいと思います。

 

一般車両保険とエコノミー車両保険の違い

一般車両保険

一般車両保険は、エコノミー車両保険に比べ保険料は高く設定されていますが、保障が広範囲に及びます。よほど特殊なケースでない限り、ほとんどの車両事故で保険金が支払われます。

 

エコノミー車両保険との違いは、単独事故が保障されるか否かでしょう。例えば「電信柱に激突した」「車庫入れ時に壁にこすった」といった相手の車が存在しない自損事故でも、一般車両保険では修理費が保険会社から支払われます。

 

エコノミー車両保険

それに比べエコノミー車両保険では、自損事故を起こした場合に保険支払の対象にはなりません。また「相手方の車が特定できること」が条件となりますので、当て逃げなども支払いの対象にはなりません。

 

つまり車対車の事故、かつ相手の車が特定出来る場合にのみ限定して保障されるのです。その分、保険料も一般に比べ割安で設定されているのです。

 

統計的には、自動車事故の約半数以上が車同士の事故となりますので、エコノミー車両保険でもほとんどのケースの事故をカバーする事ができます。

 

また火災・爆発、盗難、台風・洪水・高潮、騒じょう、物の飛来・落下、いたずら・落書き・ガラス破損などは、保険会社によって多少の違いはあるものの、一般的にどちらの車両保険でも保険金の支払対象になりますのでご安心下さい。

 

車両保険を利用する際の注意点

 

車両保険を使って車を修理する際は、保険を使うべきか否かを必ず確認するようにしましょう。というのも自動車保険は、保険を使うことで「等級」が下がり、それに比例して翌年度の保険料も上がっていく仕組みになっています。

 

修理代を保険で支払っても、翌年以降の保険料が上がってしまい修理代を上回ってしまったら元も子もありません。等級とは、無事故である優良ドライバーの保険料を安く設定し、反対に事故を起こし保険を利用したドライバーの保険料を高くするシステムです。

 

等級は1〜20等級で評価され、数字が大きければ大きいほど保険料は安くなっていきます。自動車保険を新規で契約すると6等級からスタートし、1年間無事故で車両保険を利用しなければ、翌年は等級が1等級上がります。毎年、事故を起こさず保険を利用しなければ保険料はどんどんと安くなっていく仕組みなのです。

 

逆に事故を起こし車両保険を使うと1事故につき3等級ダウンして、翌年以降の保険料はアップします。ですから、万が一事故を起こしてしまった場合、修理代金がわずかであれば、車両保険を使わずに自腹で治すほうがいい場合もるので注意をしましょう。

 

 

 

 

 

 


HOME 査定価格を引き上げる3つのコツ 元・ディーラー営業マンが教える交渉術 高額査定を引き出せる時期