人身傷害

人身傷害とは?

人身傷害の正式名称は「人身傷害補償保険」です。事故を起こしてしまった場合に、運転者(自分の場合が多い)や同乗者を補償する保険になります。対人・対物補償が相手方を補償する保険だったのに対して、人身傷害は自分方を補償する保険です。事故によって生じた治療費・休業補償・慰謝料などの実費が全額保険会社から支払われます。

 

補償額は、3000万円〜1億円以上と人によってそれぞれです。一般的にはサラリーマンよりも、会社の経営者などが補償額を高めに見積もる傾向があります。

 

理由は、大きなケガや死亡時など万が一自分が働けなくなってしまった場合に、会社の売上・従業員の給料・自分の収入・生活の事など経済的な負担が大きいからです。

 

人身傷害は、大手国内損保・通信販売型ダイレクト系損保・共済などで一般的に付帯されている代表的な補償の一つです。

 

「人身傷害」と「搭乗者傷害」の違い

 

「人身傷害」には、「搭乗者傷害」という似たような補償内容を持ったものがあります。人身傷害は治療費・休業補償・慰謝料などを全額実費で補償してくれるのに対して、搭乗者傷害は「部位・症状別」で補償額が支払われるのが大きな違いです。

 

例えば、事故で「足を複雑骨折。入院費・通院費・休業費(仕事)を含めて、実損費80万円」だった場合、人身傷害では実損費80万円が保険会社から全額支払われます。

 

一方で搭乗者傷害では、「足の複雑骨折=50万円」と補償額が保険会社によってあらかじめ決められており、今回のケースでは50万円のみが保険加入者に支払われます。つまり、30万円は自己負担となるのです。

 

実損額を補償してくれるのが「人身傷害」。決められた一定額を補償するのが「搭乗者傷害」と覚えておくとよいでしょう。ちなみに、今回のケースで「人身傷害」と「搭乗者傷害」どちらも加入していた場合は、80万円(人身傷害)+50万(搭乗者傷害)=130万円の保険料が支払われます。「搭乗者傷害」はプラスアルファで保険金が支払われる、お得な補償程度で考えておくとよいでしょう。

 

「人身傷害」は必要?

 

結論から言うと、人身傷害は加入したほうがよいです。加入することで運転者・同乗者が事故で被った実損分を全て補償してくれるのはもちろんですが、もう一つ大きな理由があって、交通事故には「過失割合」が存在するからです。

 

例えば、「Aさんが青信号で交差点に進入。Bさんが運転する車が突然、右折してきて交差点の真ん中でAさんとBさんの車が衝突。青信号で突入したAさんが大けが」といったケースの場合、残念ながら過失割合は10対0ではなく、Aさんの過失=20%、Bさんの過失=80%といったラインが一般的な見解となります。

 

大けがをしたAさんの実損額=3000万円だったと仮定しましょう。この時Aさんが人身傷害補償保険に未加入だった場合、

 

3,000万円×80%=2,400万円(Bさんが負担)
3,000万円−2,400万円=600万円(Aさんが実費負担)

 

と残念ながらなってしまいます。Aさんが人身傷害に加入をしていれば、実損額3,000万円を過失割合に関わらず保険会社から受け取ることが出来ます。また示談や裁判の結果を待たずとも、実損分全てがスピーディーに支払われることも人身傷害の強みです。

 

また人身傷害のメリットは自分が所有している車に乗っている時だけでなく、歩行中に事故に合った場合や、他者の車に乗っている時に事故に合った場合も補償が適用されます(本人だけでなく同居の親族も補償適用)。

 

人身傷害補償保険の節約術

 

人身傷害は本人だけでなく、同居の親族も補償適用OKなど広く補償が適用されているのは嬉しいのですが、その分毎月の保険料は水増しとなってしまいます。

 

単身者や他者の車に乗る機会がめったにないという方は、人身傷害の中でも「限定補償」を選び、補償される人・補償される場面・補償する車をあらかじめ限定することで保険料を安くすることが可能です。

 

またよっぽどの理由がない限り「無制限」や「1億」といった補償額にするのではなく、5000万円前後で設定するとよいでしょう。保険料と補償のバランスをよく考えて加入することをおすすめします。


HOME 査定価格を引き上げる3つのコツ 元・ディーラー営業マンが教える交渉術 高額査定を引き出せる時期