対物賠償

対物賠償とは?

損害を与えた物に対する補償

 

対物賠償とは、自分が引き起こした事故によって「損害を与えた物」に対する補償のことです。具体的には、相手の車・家・店舗・公共物などが含まれます。

 

車の中でも商用車(タンクローリー・タクシー・バス・トラックなど)を破損してしまった場合は、修理期間中の休業補償なども含まれますので、賠償額は高額になるので注意が必要です。例えば個人タクシーの場合、車の修理代金だけではなく、休業中の売上額まで補償しなければいけないという事です。

 

また店舗などを破損してしまった場合は、建物・商品・食材の他、店舗修復期間中の売上損益や休業中の従業員の給料まで補償しなければいけません。実際にパチンコ屋に車で突っ込んでしまい、数億円の賠償を求められた事例なども過去にありますので、対物賠償に関しては必ず充分な補償を付けておくことをおすすめします。

 

対物賠償は無制限がいい?

 

対物賠償は、「無制限」で加入することをおすすめします。ただし「無制限」でも「〇〇円」でも保険料がほとんど変わらない対人賠償とは異なり対物賠償は、車の等級・タイプ・年齢条件・免許の色などによって保険料が大きく変わる場合があり、保険会社によって料率(保険料の基準となる割合)も異なります。

 

上記にあげたパチンコ屋の実例などもありますから、万が一のための補償として「無制限」で加入することをおすすめしますが、見積段階では「無制限」と「1億円」と「5,000万円」といったように複数パターンで試算して保険料を比較してみるとよいでしょう。

 

比較する際は、保険料の安さだけを優先して補償額を決めるのではなく、保険はあくまで万が一の補償であるということを忘れず、あらゆる状況を想定して検討するようにしましょう。


HOME 査定価格を引き上げる3つのコツ 元・ディーラー営業マンが教える交渉術 高額査定を引き出せる時期