査定 ポイント

元・ディーラー営業マンが教える査定で必ずチェックするポイント

査定ポイント

査定士が車をチェックするポイントはたくさんありますが、実際の査定金額に大きな影響を及ぼす部分はあまり多くはありません。

 

高額査定に結びつく重要ポイントだけをしっかりと頭に入れて交渉に望みましょう。

 

査定前の洗車は本当に効果があるの?

 

「査定をする前に、車にワックスをかけましょう」といった情報をよくみますが、これは対象者が限られてきます。

 

@新車購入後3年以内のピカピカの車を売る方

 

A最後くらい綺麗にしてあげたいと思われている方

 

上記以外の方は、余計に傷が目立ってしまうのでワックスや洗車はやめたほうがいいでしょう。傷が発見しやすくなって喜ぶのは、査定士さんだけです。

ディーラー営業マン

 

これは暴露話になりますが、私が営業マンとしてディーラーで働いていた頃は査定希望のお客さんに、あえて車を洗ってきてもらうように事前にお願いしていました。私自身が洗う手間を省くためです。汚れた車のボディーの傷を、一つ一つチェックしていくのって意外に大変なんです。

 

ウチの営業所では、みんな汚れた車は査定前に洗車をしていました。よく「中古車買取店」のホームページ上にのっている、洗車をすると高額査定!!という情報は、実はお店側の都合によるものなのです^^;

 

査定の際に必ずチェックする5項目

 

@年式

 

A走行距離

 

C車種の人気・市場の相場

 

B修復歴

 

D外装のキズ・内装の臭い

 

@年式 A走行距離 B車種 でほぼ査定金額の約8〜9割は決まってくるといってよいでしょう。

 

C修復歴については、簡単な板金修理やドア・バンパー・ボンネットなどの交換は含まれません。車体のフレーム部分(人間で言う「骨」にあたる部分)が修理・交換されている場合がこれにあたります。

 

内装の臭いはペットやタバコが原因で、場合によっては1〜2万ほどの減額対象になりますので、もし可能であれば査定前に臭いを取っておくとよいでしょう。

 

うっすらついたボディーの傷は減点対象?

 

査定チェックポイント

外装のキズに関しては1cm未満の傷、もしくは爪が引っ掛からない程度のうっすらとついた傷であれば、減点の対象にはなりません。コンパウンドなどで磨く必要もないでしょう。

 

逆に慣れない手つきで磨いたキズはプロの目から見れば明らかですし、余計に目立ってしまったり、塗装がハゲる原因にもなりますので注意が必要です。

 

素人が磨いたくらいで治せるような傷なら、業者だってお金を掛けずに簡単に治すことができます。そういった部分が査定金額に影響してくることはないので、潔くプロに任せることをおすすめします。

 

 

ここだけは要チェック!当サイト人気コンテンツTOP3

当サイトで人気の高い記事をピックアップ!車の売却を検討中の方は、参考にしてみて下さい。

査定価格を限界まで引き上げる3つの方法

車査定

 

失敗しない!車を高値で売るための基本ルール

≪誰でも使える!査定価格をアップさせる3つの鉄則≫
時間が無い方や文章を読むのが苦手な方はこちらをお読みください。車を売る際に最低限しなければならないことをまとめています。

元・ディーラー営業マンが教える交渉術

査定アップ

 

勤務歴5年の元・ディーラー営業マンが大暴露!?

≪価格交渉で絶対負けない!すぐに使える実践交渉術≫
業者は自動車売買のプロです。言われるがままの価格で車を売却してしまうと100%損をします。ぜったい得する裏ワザテクニックを紹介しています。

車の相場を簡単に調べる方法

相場を調べる

 

車を売るなら相場価格を知ることは必須!

≪自宅で3分!車の相場価格を簡単に調べる方法≫
多くの方は、クルマの本当の価値を知らぬまま手放します。日本車は海外での人気がとても高く、あなたが思っている以上に価値は高いんですよ。


HOME 査定価格を引き上げる3つのコツ 元・ディーラー営業マンが教える交渉術 高額査定を引き出せる時期