車売却 引越し

引越しをした場合、車の売却手続きはどうすればいい?

引越し

 

東京や大阪などの大都市に引越しをするとき、どうするべきか悩むのが「クルマ」ではないでしょうか。

 

地方では必需品ともいえるクルマですが、

都会の駐車場代は高くて維持費がかかる

交通の便が発達しているので必要ない

 

といった理由で処分する人はとても多いです。

 

ほかにも「通勤で車が要らなくなった」「海外転勤することになった」「新しい家に駐車場がない」等など、引越しをきっかけに車を処分したり、売却したりするケースは珍しくありません。

 

そこで当記事では、引越しで車を手放す際の手続き方法や注意点についてまとめました。引越し前、引っ越し後でもやり方が違うので、車の処分を検討中の方は参考にしてみてください。

 

車を処分するのは引越し前?それとも引越し後?

車を手放す場合、それが「引越し前なのか?」「引越し後なのか?」によっても準備すべき書類が変わってきます。

 

ケース@引越し前に手放すケース

引越し前であれば、特に難しいことはありません。通常どおり手続きを踏んで、業者に買取ってもらいましょう。

 

実家に置いておくのも手ですが、いつ使うか分からない車のために税金や保険を毎年払い続けるのはバカらしいし、ちょっと寂しいですが、売ってしまうのが現実的です。

 

「でもどうせ古いクルマだし、大してお金にならないでしょ…」

 

なんて、最初から諦める必要はありません。

 

たとえ日本では買い手の付かないような古い車も、東南アジアやアフリカなどの先進国に持っていけばまだまだ需要があります。また「中古車一括査定サービス」を活用すれば、どんな車でも相場以上の金額で売ることができます。

 

試しに、この方法を友人や家族に教えてみたところ、平均21万5,833円の査定額アップに成功しました。

 

車を高く売るコツは、複数の業者から見積をとって価格を競わせること。これに尽きます。

 

価格を競わせるといっても、わざわざお店に足を運ぶ必要はありません。そんなこといちいちしてたら、時間もガソリン代もかかるし、何よりも面倒クサい…。

 

そんなときは、中古車一括査定サービス「かんたん車査定ガイド」を利用すると便利です。

 

たった1分の入力で、最大10社の査定見積をとることができます。申込みをすると、「A社は87万、B社は63万、C社は59万…」と査定金額をどんどん提示してくれるので、あとはイチバン高値をつけた業者に譲ればいいだけ♪

 

「えっ…本当に?」と目を疑うくらい差がでることもあるので、一度はやってみることをオススメします。やってみて、売りたくなければ断っても問題ないですからね。

 

無料で使えるサービスなので、気軽に試してみてください。

 

中古車の一括査定はこちらです

 

ケースA引越し後に売るケース

なかには新しい場所で暮らし始めてから、

 

車が必要ないことに気付いた

車庫に入らないから買い替えたい

 

などの理由で、車の処分を考える人もいると思います。

 

この場合、通常の書類に加えて「住民票」を準備する必要があります。

 

また「住民票」以外に準備すべき書類は以下になります。

 

■車を売るときに必要な書類

・車検証

・自賠責保険証明書

・自動車納税証明書

・印鑑証明書

・委任状(※業者が準備)

・譲渡証明書(※業者が準備)

 

ここで問題になるのが、「”車検証”と”印鑑証明書”の住所が一致しているかどうか?」という点です。もし住所が一致していない場合、住民票によって過去の住所までさかのぼって証明する必要が出てきます。

 

そのため、まずは車検証の住所が「新住所(引越し後)」と「旧住所(引越し前)」のどちらになっているかを確認してみてください。

 

車検証が「新住所」になっている場合

通常通り、車を売ることができます。この場合、住民票も必要ありません。

 

車検証が「旧住所」のままの場合

通常の書類に加え「住民票」を準備する必要があります。住民票によって、車検証に記載された”旧住所”から”現住所”に転居した事実を証明します。

 

2回以上転居をしているケース

車検証の住所から、2回以上転居している場合は住民票の代わりに「住民票の附票」が必要になります。

 

たとえば、過去に「北海道→埼玉→東京」と転居を繰り返し、車検証の住所が「北海道」、現住所が「東京」になっているケースがこれにあたります。

 

2回以上の転居をしている場合、住民票には1つ前の住所しか記載されません。つまり「埼玉」と「東京」の住所しか載らないので、「北海道」に住んでいた事実を証明するために「住民票の附票」が必要になるのです。

 

ちなみに「住民票の附票」には、その人の転居歴が全て記載されるので、何度引越しをしていても問題ありません。

 

書類さえ揃えてしまえば、手続き自体はカンタンです。不明な点があれば、直接区役所の窓口や買取業者に相談してみるとよいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?今回は、引越しで車を手放す際の手続き方法について解説しました。

 

大事なポイントは、

車検証と印鑑証明書の住所が一致しているかどうか?

 

一致していなければ、通常の書類に加え「住民票」、何度も転居している場合は「住民票の附票」を付け加えればOKです。

 

どちらにせよ、引越しで車を手放すときは、住所変更をする前に手放してしまった方がラクです。先延ばしにすると、どんどん面倒になってしまうので早めの決断をオススメします。

 

また、車をより高く売る方法についてはこちらの記事でくわしく紹介しています。

 

この方法を友人や家族に教えてみたところ、平均21万5,833円の査定額アップに成功しました。またディーラーと買取店で比べてみたところ、8人中7人がディーラーよりも買取店で売った方がお得な結果になりました。

 

これから車を手放す予定がある方は、ぜひ試してみてください。

 

査定価格を限界まで引き上げる方法

 

車を高く売るには?

かんたん車査定ガイド

 

複数の買取業者に査定依頼をしたところ、平均21万5,833円の査定額アップに成功しました。

 

車を高く売るコツは、一括査定サービス「かんたん車査定ガイド」を利用すること。最大10社の一括査定が受けられ、自宅にいながら車の最高額がわかります。

 

申込みはたったの30秒♪無料で使えるサービスなので、気軽に試してみてください。

 

中古車の一括査定はこちらです

一括査定できる車買取会社

中古車ディーラー一覧

 

 

当サイト人気記事ランキング

@査定額を限界まで引き上げる3つの方法

査定価格を引き上げる方法

●●●するだけでプラス20万!?
≪成功率98.7%!確実に査定価格を引き上げる≫
試しに友人や家族が実践したところ、平均21万5,833円も高く売れました。この方法を使えば、どんなクルマでも簡単に…

続きを読む


 

A元ディーラー営業マンが教える交渉術

元・ディーラー営業マンが教える交渉術

業界の裏側を”こっそり”明かす!?

≪価格交渉を制する!絶対負けない実践交渉術≫
営業マンとして働くなかで得たノウハウをふんだんに取り込んだ交渉術を公開中。高額査定を引き出すための”一言”とは…

続きを読む


 

B車の相場を簡単に調べる方法

相場を調べる方法

えっ…こんなに差が出るの!?

≪匿名OK!45秒で愛車の適正価格を調べる≫
相場を知らなければ業者から提示された金額が「安いのか?」「高いのか?」すら判断できません。それがどれだけの…

続きを読む



HOME 査定価格を引き上げる3つのコツ 元・ディーラー営業マンが教える交渉術 高額査定を引き出せる時期