車売却 自賠責保険 還付

車を売却するとき「自賠責保険料」は戻ってくる?

自賠責保険

 

自賠責保険とは、クルマの運転者全員に加入が義務付けられている「強制保険」です。

 

未加入のまま運転すると法律違反になってしまうため、車検のタイミングで期間分の保険料を一括で支払わなければいけません。

 

では、保険の契約期間が残っている車を手放す際、余分に支払った保険料は戻ってくるのでしょうか?

 

結論からお伝えすると、全額ではありませんが一部返金される仕組みになっています。

 

当記事では、自賠責保険の返金手続きのポイントと解約方法について詳しく解説しています。損をしないためにも、これから車を売却予定の方は参考にしてみてください。

 

車を売ったら保険料はいくら還付されるの?

車を売ると、未経過分の自賠責保険料は査定額に含まれた形で還付されます。

 

なので「いくら返金されるのか?」を理解するには、まず査定の基準を知っておく必要があるのです。今回は、日本で最もよく知られている「日本自動車査定協会(JAAI)」の基準を用いて解説していきます。

 

自賠責残加算表
 

1

2

3

4

5

6

7

8

乗用車

0

0

1

2

3

4

5

6

軽自動車

0

0

1

2

3

4

4

5

 

9

10

11

12

13

14

15

16

乗用車

7

8

9

10

11

11

12

13

軽自動車

6

7

8

9

10

11

12

13

 

17

18

19

20

21

22

23

24

乗用車

14

15

16

17

18

19

20

21

軽自動車

14

14

15

16

17

18

19

20

 

上の表を見てください。自賠責保険の残り期間に応じて、点数が加算される仕組みを表しています。

 

「1点=1,000円」が査定金額に上乗せされるので、たとえば乗用車で自賠責の残り期間が24ヶ月であれば「21点×1,000=21,000円」のプラス、12ヶ月であれば「10点×1,000円=10,000円」のプラスになります。

 

また、残り期間が1ヶ月・2ヶ月の場合は「0点」になっているので、プラスにはなりません。つまり、自賠責の残月が3ヶ月以上なければ保険料は還付されないという事になります。

 

最近は悪徳業者も少なくなっていると聞きますが、決してゼロになった訳ではありません。査定を受ける際は、「自賠責保険の残り分が査定額にきちんと上乗せされているか?」という部分を必ず確認するようにしましょう。

 

車を売っても自賠責保険の解約はできません

車を売っても、自賠責を解約する訳ではありません。あくまで、旧所有者(車を売る人)から新所有者(車を買う人)へ「名義変更」する形になります。

 

自賠責保険の契約対象は「人」ではなく、あくまで「車」です。なので、その車が日本のどこかに存在している以上、自賠責は解約できない決まりになっているのです。

 

通常、車を売る際は、名義変更の手続きは買取業者側にすべて任せる事になります。

 

もし、個人売買などで自分でおこなう場合には、運転免許証やパスポートなどの「本人確認書類」と「異動承認請求書」が必要です。異動承認請求書は、保険会社に連絡をすれば簡単に手に入れることができます。

 

「廃車」にする場合は解約できます

では、自賠責はどんな場合に解約できるのでしょうか?

 

それは、車を「廃車にした場合」です。廃車の種類には、以下の3パターンがあります。

 

@一次抹消登録

一時的に廃車にする(=ナンバーを外す)こと。新しくナンバーを申請すれば、再び乗ることができる。

 

A永久抹消登録

解体(スクラップ)すること。車として再利用できない。

 

B輸出抹消登録

中古車として海外に輸出される。国内では使用できない。

 

廃車にすると「月割」で保険料が戻ってくる

どのパターンにおいても、廃車にすれば自賠責保険は自動的に解約されます。

 

さらに、保険の契約期間が1ヶ月以上残っている場合、月割りで保険料が戻ってきます。ちなみに、1年の未経過分がある普通車の自賠責を解約すると12,300円が返金されます。

 

ただし、基本的に保険の解約手続きは自分でおこなわなければいけません。また、手続きの際は以下の書類を準備する必要があります。

 

・自賠責保険の原本

・一次登録抹消証明書のコピー(または登録事項証明書のコピー)

・認印

・振込先の口座情報

 

上記の書類を保険会社(営業支社)に持っていき、解約手続きをおこないます。すべて完了すると、7〜10日後に指定口座にお金が振り込まれます。

 

一部代行してくれる解体業者もあるので、不安な方は一度相談してみるとよいでしょう。

 

まとめ

いかがでしかた?今回は、自賠責保険の返金手続きについて解説しました。

 

ここまでの話をまとめると、

車を売る場合

自賠責の残り期間に応じて一部返金される。還付金は査定額に含まれるため、特別な手続きをする必要はない。

車を廃車にする場合

自賠責の残り期間に応じて全額月割りで返金される。自ら保険会社に出向き、手続きをしなければいけないケースが多い。

 

また、自賠責以外にも「自動車税」や「リサイクル料金」の返金手続き方法については、以下の記事で解説しています。

 

「自動車税」の返金手続き方法は?

「リサイクル料金」の返金手続き方法は?

 

さらに、車をより高く売る方法についてはこちらの記事でくわしく紹介しています。

 

この方法を友人や家族に教えてみたところ、平均21万5,833円の査定額アップに成功しました。「まだどこに売るのか決まっていない…」「もっと高く売りたい!」とお考えの方はご一読ください。

 

査定価格を限界まで引き上げる方法

 

車を高く売るには?

かんたん車査定ガイド

 

複数の買取業者に査定依頼をしたところ、平均21万5,833円の査定額アップに成功しました。

 

車を高く売るコツは、一括査定サービス「かんたん車査定ガイド」を利用すること。最大10社の一括査定が受けられ、自宅にいながら車の最高額がわかります。

 

申込みはたったの30秒♪無料で使えるサービスなので、気軽に試してみてください。

 

中古車の一括査定はこちらです

一括査定できる車買取会社

中古車ディーラー一覧

 

 

当サイト人気記事ランキング

@査定額を限界まで引き上げる3つの方法

査定価格を引き上げる方法

●●●するだけでプラス20万!?
≪成功率98.7%!確実に査定価格を引き上げる≫
試しに友人や家族が実践したところ、平均21万5,833円も高く売れました。この方法を使えば、どんなクルマでも簡単に…

続きを読む


 

A元ディーラー営業マンが教える交渉術

元・ディーラー営業マンが教える交渉術

業界の裏側を”こっそり”明かす!?

≪価格交渉を制する!絶対負けない実践交渉術≫
営業マンとして働くなかで得たノウハウをふんだんに取り込んだ交渉術を公開中。高額査定を引き出すための”一言”とは…

続きを読む


 

B車の相場を簡単に調べる方法

相場を調べる方法

えっ…こんなに差が出るの!?

≪匿名OK!45秒で愛車の適正価格を調べる≫
相場を知らなければ業者から提示された金額が「安いのか?」「高いのか?」すら判断できません。それがどれだけの…

続きを読む



HOME 査定価格を引き上げる3つのコツ 元・ディーラー営業マンが教える交渉術 高額査定を引き出せる時期