車売却 印鑑証明

車の売却には印鑑証明が必要?

普通車の売却には、委任状や譲渡証明書が必要であり、そこには「実印」をおす必要があります。

 

実印が実印であると、効力を発揮するためには、それが実印であることを証明する書類、すなわち「印鑑証明」が必要になります。

 

委任状や譲渡証明書はだいたい買取業者が書面を用意してきて、車を売却する側は捺印するだけですので、車売却に合わせて用意する必要のある書類というと、実質この印鑑証明のみが該当します。

 

もちろん個人売買する際はしっかり全部揃える必要があります。購入者が自分の側だけ記入して持参することもありますが、基本的には売却側が用意したほうが無難でしょう。

 

印鑑証明の有効期限は3ヶ月以内

 

車売却に先立って用意しておかねばならない印鑑証明ですが、これはいつのものでも良いわけではなく、発行から3ヶ月以内のものでなければいけません。

 

大体は車の売却を決めてから役所に取りに行くでしょうから問題ありませんが、何かのついでに取ったものを流用しようという場合は注意が必要です。

 

基本的には売却に際して、改めて印鑑証明を発行しなおしたほうが良いでしょう。

 

 

軽自動車の場合

 

登録自動車では車売却に伴う名義変更で実印が必要ですが、軽自動車ではそのあたりの手続きが大幅に簡略化されています。

 

具体的には捺印は認印で良く、自動的に印鑑証明も不要になります。軽自動車の場合、譲渡証明書は必要なく、委任状が申請依頼書という形になっており、必要書類の枚数が少なくなっています。

 

維持費の安さに加えて、この辺りの手続きの簡単さも軽自動車人気の理由かもしれませんね。

 

当サイト人気記事ランキング

@査定額を限界まで引き上げる3つの方法

査定価格を引き上げる方法

●●●するだけでプラス20万!?
≪成功率98.7%!確実に査定価格を引き上げる≫
試しに友人や家族が実践したところ、平均21万5,833円も高く売れました。この方法を使えば、どんなクルマでも簡単に…

続きを読む


 

A元ディーラー営業マンが教える交渉術

元・ディーラー営業マンが教える交渉術

業界の裏側を”こっそり”明かす!?

≪価格交渉を制する!絶対負けない実践交渉術≫
営業マンとして働くなかで得たノウハウをふんだんに取り込んだ交渉術を公開中。高額査定を引き出すための”一言”とは…

続きを読む


 

B車の相場を簡単に調べる方法

相場を調べる方法

えっ…こんなに差が出るの!?

≪匿名OK!45秒で愛車の適正価格を調べる≫
相場を知らなければ業者から提示された金額が「安いのか?」「高いのか?」すら判断できません。それがどれだけの…

続きを読む



HOME 査定価格を引き上げる3つのコツ 元・ディーラー営業マンが教える交渉術 高額査定を引き出せる時期