車売却 必要

車を売却する際に必要なもの

必要な書類

 

まず、車の売却にあたって必要な書類からチェックしていきましょう。

 

普通車の売却に必要な書類は「譲渡証明書」「委任状」「車検証」「自動車税納税証明書」「自賠責保険証」「印鑑証明」「リサイクル券」となります。

 

このうち、漏れが発生しやすくきちっとチェックしておきたいのが「自動車税納税証明書」で、車の売却に合わせて新たに用意する必要があるのが「印鑑証明」です。

 

どちらも発行・再発行には役所・陸運局に行く必要がありますので、土日祝日などにかからないように余裕を持ってチェック・手続きをしておきたいところです。

 

軽自動車の場合、委任状が「申請依頼書」になり、譲渡証明書と印鑑証明が不要になります。

 

印鑑の類

 

登録自動車すなわち普通車を売却する際には、実印が必要になります。

 

ただ、実印を持って動く必要があるのは自分が手続きを行う場合であり、業者などに車を売却する場合は、用意された譲渡証明書と委任状に捺印するだけです。

 

査定を依頼するときは、すぐ取り出せるところに用意しておきましょう。軽自動車の方は認印でOKですので、普段使っているハンコで充分です。

 

しかしシャチハタ印はさすがに避けたほうがよいでしょう。

 

ノーマルパーツ・点検記録簿の準備

 

車売却にあたって必須というわけではありませんが、あるなら用意しておいたほうがよいのがノーマルパーツ・純正パーツと定期点検記録簿です。

 

これらがある場合とない場合では査定額に違いが出てきますので、出来る限り用意したほうがよいでしょう。もちろん、特にカスタマイズしていないなら、ノーマルパーツを別に用意する必要はありません。

 

当サイト人気記事ランキング

@査定額を限界まで引き上げる3つの方法

査定価格を引き上げる方法

●●●するだけでプラス20万!?
≪成功率98.7%!確実に査定価格を引き上げる≫
試しに友人や家族が実践したところ、平均21万5,833円も高く売れました。この方法を使えば、どんなクルマでも簡単に…

続きを読む


 

A元ディーラー営業マンが教える交渉術

元・ディーラー営業マンが教える交渉術

業界の裏側を”こっそり”明かす!?

≪価格交渉を制する!絶対負けない実践交渉術≫
営業マンとして働くなかで得たノウハウをふんだんに取り込んだ交渉術を公開中。高額査定を引き出すための”一言”とは…

続きを読む


 

B車の相場を簡単に調べる方法

相場を調べる方法

えっ…こんなに差が出るの!?

≪匿名OK!45秒で愛車の適正価格を調べる≫
相場を知らなければ業者から提示された金額が「安いのか?」「高いのか?」すら判断できません。それがどれだけの…

続きを読む



HOME 査定価格を引き上げる3つのコツ 元・ディーラー営業マンが教える交渉術 高額査定を引き出せる時期