車売却 納税証明書

車の売却には「自動車税納税証明書」が必要?

車を売りたいけど、

 

「納税証明書が見当たらない…」

 

「再発行できるのかな…」

 

なんて、お困りの方も多いのではないでしょうか?

 

「自動車納税証明書」とは、自動車税を支払ったことを証明するためのもの。車検や車を売るときに必要なので、支払い後は車検証と一緒に保管しておくのが一般的です。

 

ただ、納税してから約1年間は自分で持っておかなければいけないため、あとになって「どこにしまったっけ?」と慌てて探しまわる人も多いようです。

 

そこで当記事では、納税証明書の基礎知識と再発行の手続き方法についてまとめました。とくに紛失してお困りの方は参考にしてください。

 

自動車納税証明書とは?

自動車納税証明書

 

自動車税は、毎年5月になると車の所有者に対して納付書が送られてきます。この納付書を持ってコンビニや金融機関でお金を支払うと、納付書がそのまま「納税証明書」に代わります。

 

経験のある人ならご存知かと思いますが、車検は納税証明書が無いと受けられません。これは自動車税を滞納したまま車に乗り続けている違法者を排除し、税金の未払いを防止するための処置になります。

 

車を売るときも納税証明書が必要?

厳密にいえば、陸運局でおこなわれる「名義変更」の手続きでは納税証明書は必要ありません。

 

あくまで納税証明書が求められるのは車検時のみ、車を売るときは公的に無くても問題ないのです。しかし、買取業者に車を売る際は必ず証明書の提出が求められます。

 

一体、なぜなのでしょうか?その理由は、業者が自動車税に関わる”トラブルを避けたい”からです。

 

たとえば、あなたが自動車税を未払いのまま車を売却したとします。車は他の人の手に渡り、車検の満了日を迎えました。

 

このとき自動車税が未払いだった場合、新しい車の所有者は過去にさかのぼって滞納分を支払わなければならず、払わないと車検を受けることができません。

 

当然ですが、自分が乗っていない期間の分まで税金を払うなんて、絶対にイヤですよね。おそらく、お客から買取店に対してクレームが入るでしょう。

 

こういったトラブルを避けるためにも、車を売るときは納税証明書の提出が義務付けられているのです。

 

納税証明書を再発行するには?

もし納税証明証を紛失してしまった場合でも、再発行することができます。

 

普通車なら納税をした地域の県税事務所、もしくは陸運局に併設されている自動車税管理事務所で、軽自動車なら市町村役場で手続きがおこなえます。

 

再発行に必要なものは「車検証」と「印鑑」のみ。原則、手数料はかかりません。郵送でも対応してもらえます。

 

また、委任状を書けば買取店に代行してもらうことも可能です。代行手数料はかかってしまいますが、手続きが面倒な方は依頼するのも1つでしょう。

 

 

 

車を高く売るには?

かんたん車査定ガイド

 

複数の買取業者に査定依頼をしたところ、平均21万5,833円の査定額アップに成功しました。

 

車を高く売るコツは、一括査定サービス「かんたん車査定ガイド」を利用すること。最大10社の一括査定が受けられ、自宅にいながら車の最高額がわかります。

 

申込みはたったの1分♪無料で使えるサービスなので、気軽に試してみてください。

 

中古車の一括査定はこちらです

一括査定できる車買取会社

中古車ディーラー一覧

 

 

当サイト人気記事ランキング

@査定額を限界まで引き上げる3つの方法

査定価格を引き上げる方法

●●●するだけでプラス20万!?
≪成功率98.7%!確実に査定価格を引き上げる≫
試しに友人や家族が実践したところ、平均21万5,833円も高く売れました。この方法を使えば、どんなクルマでも簡単に…

続きを読む


 

A元ディーラー営業マンが教える交渉術

元・ディーラー営業マンが教える交渉術

業界の裏側を”こっそり”明かす!?

≪価格交渉を制する!絶対負けない実践交渉術≫
営業マンとして働くなかで得たノウハウをふんだんに取り込んだ交渉術を公開中。高額査定を引き出すための”一言”とは…

続きを読む


 

B車の相場を簡単に調べる方法

相場を調べる方法

えっ…こんなに差が出るの!?

≪匿名OK!45秒で愛車の適正価格を調べる≫
相場を知らなければ業者から提示された金額が「安いのか?」「高いのか?」すら判断できません。それがどれだけの…

続きを読む



HOME 査定価格を引き上げる3つのコツ 元・ディーラー営業マンが教える交渉術 高額査定を引き出せる時期