車売却 自動車税

車を売却する際に「自動車税」は戻ってくる?

自動車納税証明書

 

自動車税とは、クルマを所有している人に対してかかる税金のことです。

 

毎年4月1日時点でクルマを所有している人に対して発生し、5月末までに1年分の税金をまとめて支払います。

 

ですから、年度途中でクルマを売却する場合、自分が乗っていない期間の分まで余計に税金を負担していることになります。

 

では、払い過ぎた分の自動車税は戻ってくるのでしょうか?

 

答えは…「イエス」。未経過分の税金は戻ってくる決まりになっています。

 

たとえば、7月にAさんがBさんにクルマを売却したとします。その場合、4〜7月分の自動車税をAさんが負担し、残りの8〜3月分をBさんが支払う形になるのです。

 

どのような形で還付される?

以前は、車の所有者が変更した時点で、払い過ぎた分の自動車税が国から還付される制度がありました。

 

しかし現在、国の還付制度は廃止となり、新所有者(買い手)から旧所有者(売り手)に対して直接支払われる形になりました。

 

これは買取店に売ろうが、個人間で売ろうが同じ。実際に受け取る金額も変わりません。

 

たとえば、2,400ccのクルマを売る場合、年間の税額は45,000円。これを12ヶ月で割ると、1ヶ月分が4,250円になります。

 

なので、仮に7月に売るのであれば、4,250×3ヶ月(4〜7月分)=12,750円のみ自己負担、残りの4,250×9ヶ月(7〜3月分)=38,250円は戻ってくる計算になります。

 

つまり、クルマを売る側は年度残り期間分の自動車税を受け取り、クルマを購入する側は年度残り期間分の自動車税を支払う、と覚えておくとよいでしょう。

 

軽自動車を売却する場合は戻ってくる?

残念ながら、自動車税が還付されるのは普通自動車のみ。

 

軽自動車税は戻ってこないので気をつけましょう。

 

これは軽自動車税が月額ではなく、年額で課税されていることが関係しています。そのため、仮に軽自動車を4月2日に購入したとしても、その年の軽自動車税は発生しない仕組みになっています。

 

したがって、クルマを手放す際も自動車税が月割計算で戻ってくることはないのです。

 

 

また当ページでは、自動車税に関する内容を中心に書きましたが、ほかにもクルマを売却するときに覚えておくべき税金の仕組みはたくさんあります。

 

以下の記事でまとめていますので、お時間のある方は目を通してみてくださいね。

 

関連記事:クルマを売却する際に「所得税」は課税されるのか?

 

関連記事:クルマを売却する際に「重量税」は戻ってくるのか?

 

当サイト人気記事ランキング

@査定額を限界まで引き上げる3つの方法

査定価格を引き上げる方法

●●●するだけでプラス20万!?
≪成功率98.7%!確実に査定価格を引き上げる≫
試しに友人や家族が実践したところ、平均21万5,833円も高く売れました。この方法を使えば、どんなクルマでも簡単に…

続きを読む


 

A元ディーラー営業マンが教える交渉術

元・ディーラー営業マンが教える交渉術

業界の裏側を”こっそり”明かす!?

≪価格交渉を制する!絶対負けない実践交渉術≫
営業マンとして働くなかで得たノウハウをふんだんに取り込んだ交渉術を公開中。高額査定を引き出すための”一言”とは…

続きを読む


 

B車の相場を簡単に調べる方法

相場を調べる方法

えっ…こんなに差が出るの!?

≪匿名OK!45秒で愛車の適正価格を調べる≫
相場を知らなければ業者から提示された金額が「安いのか?」「高いのか?」すら判断できません。それがどれだけの…

続きを読む



HOME 査定価格を引き上げる3つのコツ 元・ディーラー営業マンが教える交渉術 高額査定を引き出せる時期