自動車 機能

自動車の機能を果たすための3要素

走る・曲がる・止まる

 

自動車には、どのような機能が必要でしょうか。人間が乗るスペースや乗り心地も重要ですが、基本的には「走る」「曲がる」「止まる」の3つの能力が不可欠です。

 

自動車が走らなければ目的の場所に移動することは出来ないし、自動車を進むための能力は「駆動」と呼ばれます。駆動能力には、前進後退が可能なことに加え、必要に応じて自由に、速度を早めたり、緩めたりできなければいけません。

 

前進や後退のみではありません。目的地に移動するためには、曲がる能力も求められます。これを「操舵性」と呼びます。船の進む方向を定める「舵」と「操る」という言葉を組み合わせて出来た言葉です。

 

また、走行中に駆動を停止しても、物体を動かし続けようとする慣性力が自動車には働きますので、すぐに止まることは出来ません。運動を止めようとする様々な抵抗が働き段々に速度は緩まりますが、この力だけで目的の場所に止めることは不可能です。

 

さらには障害物がすぐにある場合は、操舵能力のみで避けるのは難しいケースもあります。必要以上に高速でカーブを曲がる際も強い遠心力が働きますから、自動車はカーブの外側へ、外側へ向かってしまうのです。

 

慣性や遠心力は思いのほか強く、自動車にとっては、必要に応じて速度を緩めたり、停止したりする能力も重要です。このような自動車を減速させる能力は「制動」と呼ばれます。「動き」を「制する」ということです。


HOME 査定価格を引き上げる3つのコツ 元・ディーラー営業マンが教える交渉術 高額査定を引き出せる時期