事故歴 修復歴

「事故歴」と「修復歴」の違いとは?

事故車

 

「事故歴」と「修復歴」の違いをご存知でしょうか?

 

「過去に事故を起こしたことがあるから査定額が下がってしまう…」と不安に思われている方もいますが、実はそんなことありません。

 

たとえ事故歴があっても、まったく査定に響かないケースはたくさんあります。むしろ、影響しないケースが大半でしょう。

 

では一体、事故歴と修復歴で何が違うのでしょうか?また、車の価値が下がらない事故とはどんなケースなのでしょうか?

 

当ページでは、事故歴と修復歴の違いを解説しながら、事故車を売るときに気をつけるべきポイントをまとめています。「わたしの車って事故車なの?」と疑問に思われている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

事故歴とは?

事故歴とは、その言葉のとおり「車が事故にあったかどうかの履歴」です。車にダメージがあろうとなかろうと、事故にあった車はすべて”事故歴あり”となってしまいます。

 

たとえば、信号待ちで後方から追突されたケースを考えてみましょう。運よく車にキズがつかなかった場合も、運悪く車が大破した場合も、どちらも事故であることに変わりはないので、事故歴としてカウントされます。

 

よってダメージが小さい場合、しっかりと修理さえしておけば査定額にはまったく影響しません。

 

なお事故歴があり、そのなかでも特に自走ができないくらい壊れた状態の車を「事故車」と呼びます。

 

世の中には、”事故車専門”の買取業者も多数存在しますが、これはあくまで自走が難しい状態の車を扱う業者になります。

 

ほぼ廃車同然の車を”部品取り”専用で引き取り、バラバラに分解した部品を再販することで利益を得ているのです。

 

ですから、たとえ事故歴があっても自分で運転できる状態であれば、”事故車専門”の買取業者よりも、一般の買取業者に依頼したほうが高く売ることができます。

 

もし事故車の売却を検討中なら、こちらの記事をあわせてお読みください。自走不能な車や水没車を高値で売る方法についてまとめています。

 

”廃車寸前”の事故車を高値で売却する方法

 

修復歴とは?事故歴との違いは?

修復歴とは、事故歴の有無にかかわらず、車体のモノコック構造(主要フレーム・骨格部分)に歪みを生むような大きなダメージを受け、交換・修復・溶接した車両のことをいいます。

 

では、車体のモノコック構造とは、どの部分にあたるのでしょうか。以下の図をみてください。

 

日本自動車査定協

出典:「日本自動車査定協会」

 

@フレーム(サイドメンバー)

Aクロスメンバー

Bインサイドパネル

Cピラー

Dダッシュパネル

Eルーフパネル

Fフロア

Gトランクフロア

 

上記@〜Gの部分にダメージがあるもの、または交換・修復・溶接されている車両を修復歴車といいます。いずれも車の「骨格部分」にあたり、非常に重要な部位になります。

 

事故などで骨格部分に強い衝撃が加わると、力を受けた部分だけでなく、車体全体が変形する恐れがあります。そして、一度骨格が変形してしまった車を、元通りの状態に復元させることは不可能です。

 

キレイに修理をして見た目だけ元通りに直せても、車体全体の歪みをミリ単位で調整しなければいけません。当然ですが、ミリ単位で歪みを矯正することなどできません。

 

そのため、修復歴があると査定価格も大幅に下落してしまいます

 

ただ裏を返せば、@〜Gの部分以外ならどんなに交換や修復をしても修復歴にはならないという意味でもあります。

 

【修復歴車に該当しないケース】

・エンジンの交換・載せ替え

・バンパー交換

・ボンネット交換

・ドア交換

・フロント・リアウィンドウの交換

・ボディーの全塗装(または部分塗装)

・ボディ凹みの板金修理

 

軽い接触事故程度で修復歴車になってしまうことは、まず考えられません。なので「事故歴はあるが、修復歴はない」という車が大半ではないでしょうか。

 

前述したとおり、修復歴は査定で大きな減点となりますが、事故歴はまったく影響しません。しっかり修理をしていれば、マイナス評価になる心配はないので安心してください。

 

事故歴や修復歴の告知義務はある?

事故車

 

では、事故歴や修復歴がある場合、査定のときに申告する必要はあるのでしょうか?

 

結論からお伝えします。かならず申告してください。

 

当然、修復歴がないほうが査定額は高くなります。そのため、隠すまではいかなくとも、なかには自ら申告することに消極的になってしまう人もいるでしょう。

 

しかし修復歴は、きちんとした整備士が確認すればすぐに分かってしまうものです。また、査定士も毎回「この車は修復歴があるかもしれない…」と疑った状態で査定に臨んでいます。

 

参考までに、日本自動車査定協会(JAAI)の調査によれば、査定士の「修復歴見落とし」の発生率は0.2〜2%程度。たとえ見落としがあったとしても、整備の段階で発覚してしまうのがオチです。

 

意図的な隠蔽(いんぺい)行為は「告知義務違反」で、れっきとした犯罪です。後日、隠蔽が発覚した場合、業者は差額分を請求できる仕組みにもなっています。

 

後々のトラブルを避けるためにも、かならず申告するようにしましょう。

 

事故歴や修復歴のある車を高く売るには?

まずは事故歴と修復歴、あなたの車がどちらにあたるのかを把握してください。もしわからない場合は、「整備手帳」をみると過去の整備歴が書いてあるので確認してみるとよいでしょう。

 

そして修復歴があるなら、正直に査定士に伝えましょう。事故歴に関しては、特に申告する必要はありません。

 

車の売買交渉で大切なことは、お互いの信頼関係です。あきらかに隠蔽(いんぺい)していると見抜かれた場合、交渉で不利になる可能性もあります。

 

正直に伝えたほうが「ほかに問題はなさそうだ」と判断してもらえるので、得られるメリットは大きいでしょう。

 

ただし、こちらがいくら誠実に対応しても、業者側から駆け引きを仕掛けられることもあるので注意が必要です。

 

たとえば査定のときに、

 

 

査定士:この車、バンパーを交換しているんですね。


 

と言われたとします。そのとき、

 

 

あなた:そうなんですよ。2年前に事故にあって修理しました。やはり査定額に影響しますかね?


 

と尋ねてしまうと、査定士に足元を見られて値段を下げられる恐れがあります。こんなときは、

 

 

あなた:そうなんですよ。2年前に事故にあって修理しました。フレームまでいかなくて助かりました!


 

と答えれば、「この人は車に関して知ってるな」と思わせることができるので、足元をみられる心配もありません。

 

業者もビジネスです。より安く車を仕入れて、より高く販売したいのは当たり前の話です。

 

売る側が、事故歴と修復歴の違いを知らなければ、本来の金額よりも安く買い叩かれてしまう可能性もあるので気をつけましょう。

 

 

また、車を相場以上の価格で売る方法や、くわしい交渉の仕方についてはこちらの記事で解説しています。

 

実際にこの方法を友人や家族に教えてみたところ、平均21万5,833円の査定額アップに成功しました。またディーラーと買取店で比べてみたところ、8人中7人がディーラーよりも買取店で売った方がお得な結果になりました。

 

車の売却を検討中の方は、参考にしてみてください。

 

査定価格を限界まで引き上げる方法

 

 

もし、事故車の売却を検討中なら、こちらの記事をお読みください。自走不能な車や水没車を高値で売る方法について解説しています。

 

”廃車寸前”の事故車を高値で売却する方法

 

当サイト人気記事ランキング

@査定額を限界まで引き上げる3つの方法

査定価格を引き上げる方法

●●●するだけでプラス20万!?
≪成功率98.7%!確実に査定価格を引き上げる≫
試しに友人や家族が実践したところ、平均21万5,833円も高く売れました。この方法を使えば、どんなクルマでも簡単に…

続きを読む


 

A元ディーラー営業マンが教える交渉術

元・ディーラー営業マンが教える交渉術

業界の裏側を”こっそり”明かす!?

≪価格交渉を制する!絶対負けない実践交渉術≫
営業マンとして働くなかで得たノウハウをふんだんに取り込んだ交渉術を公開中。高額査定を引き出すための”一言”とは…

続きを読む


 

B車の相場を簡単に調べる方法

相場を調べる方法

えっ…こんなに差が出るの!?

≪匿名OK!45秒で愛車の適正価格を調べる≫
相場を知らなければ業者から提示された金額が「安いのか?」「高いのか?」すら判断できません。それがどれだけの…

続きを読む



HOME 査定価格を引き上げる3つのコツ 元・ディーラー営業マンが教える交渉術 高額査定を引き出せる時期