カーナビ ETC 評価

カーナビ・ETCの評価額

カーナビ編

 

自動車

カーナビも査定でチェックするポイントの1つで、プラス加点の対象になります。査定士はまず、取り付けられているナビが純正品なのか、社外品なのかを見ていきます。

 

 

純正品のほうが高く売れるといった情報もネット上には数多くありますが、機種の性能によっては社外品のほうが高値がつくことも珍しくありません。極端な例ですが、年式が古い車に装着された昔の純正ナビよりも最新機種のナビのほうが高く売れるということです。

 

査定の際は、DVDナビなのかハードディスクナビなのか、テレビは付いているのか、付いているテレビは地デジに対応しているかといった性能部分まで見た上で、値段を出します。
現在社外品を装着していて、純正品が手元にあるのであれば、査定に来た買取業者に直接聞いてみるとよいでしょう。

 

しかし、査定価格の中でナビの占める割合はほんのわずかです。そしてナビの対価分に満たないケースがほとんどになります。現在、ナビの装着自体は特に珍しいことではなく、査定の際もあまり評価がされないというのが正直なところです。

 

もし余裕があるのであれば、ナビだけ車から取り外して、車パーツ専門の買取業者に売ってしまうのも手かもしれません。

 

ETC編

 

私が営業マン時代にもお客様から、車を売る際にETCを取り外すべきか、それとも装着した状態で売ればいいのか、どちらがお得なのか聞かれることが多々ありました。もちろん自分で取外しや装着が出来るのであれば、車を売る際も外して、また新しい車に付け変えたほうがお得だと思います。

 

しかしそれが出来ないのであれば、ETC自体それほど高いものではありませんから、車を新しくするのと一緒に、ETCも新しいものに取り換えたほうがよいでしょう。

 

ディーラー営業マン

なぜならETCを取外し・装着する場合、アンテナをカーオディオもしくはヒューズボックスから配線する必要が出てきます。電気や車について多少の知識があれば簡単な作業ですが、全くの素人がおこなうとなればそれなりの労力が必要となります。配線が綺麗に収まらないケースも出てくるでしょう。

 

もちろんこれをプロに頼めば工賃が発生します。また新しい車に載せ替える際も、車の情報を車載器に読み込ませるセットアップの作業が必要になり、こちらも工賃が発生してきます。トータル的に考えると、新しいものを購入したほうがコストパフォーマンスがよいのです。

 

当サイト人気記事ランキング

@査定額を限界まで引き上げる3つの方法

査定価格を引き上げる方法

●●●するだけでプラス20万!?
≪成功率98.7%!確実に査定価格を引き上げる≫
試しに友人や家族が実践したところ、平均21万5,833円も高く売れました。この方法を使えば、どんなクルマでも簡単に…

続きを読む


 

A元ディーラー営業マンが教える交渉術

元・ディーラー営業マンが教える交渉術

業界の裏側を”こっそり”明かす!?

≪価格交渉を制する!絶対負けない実践交渉術≫
営業マンとして働くなかで得たノウハウをふんだんに取り込んだ交渉術を公開中。高額査定を引き出すための”一言”とは…

続きを読む


 

B車の相場を簡単に調べる方法

相場を調べる方法

えっ…こんなに差が出るの!?

≪匿名OK!45秒で愛車の適正価格を調べる≫
相場を知らなければ業者から提示された金額が「安いのか?」「高いのか?」すら判断できません。それがどれだけの…

続きを読む



HOME 査定価格を引き上げる3つのコツ 元・ディーラー営業マンが教える交渉術 高額査定を引き出せる時期