レクサスLFA

プレミアムスポーツカー・レクサスLFA

みなさんはトヨタ車に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか?作りがしっかりしている。割高。壊れない。良くも悪くも無難。肯定的なイメージもあれば、否定的なイメージもあるでしょう。

 

トヨタを言い表す言葉に「80点主義」というものがあります。これは1960年代から続くトヨタの車作りの思想となっていて、自動車にユーザーが求める理想のまずは80点を目指し、そこからさらに磨きをかけて完成形を目指すというものです。

 

この思想によってトヨタの車は、トータルバランスとコストパフォーマンスが優れたものとなったが、その代償として個性の薄い、それなりに満足感がある良くも悪くも当たり障りのないそこそこいい車を生み出すことになってしまいました。

 

現在でもその名残りは残っており、これによって自動車生産台数世界一を記録したといっても過言ではないでしょう。それもそのはず。一部のマニアが喜ぶような斬新的な尖った車は、ビジネス的には受け入れられることは無いし、大量に作る事は難しいと言えるでしょう。

 

しかしそのイメージを一新したのが、このレクサスLFAです。2009年の10月の東京モーターショーで発表されたLFAの価格は日本円で3750万円。世界500台限定で予約が開始され、瞬く間にソールドアウトになったのは一大ニュースでした。

 

それもそのはず。車のパフォーマンスレベルでは、フェラーリやランボルギーニといった強豪に全く引けを取らず、ニュルブルクリンクにおけるタイムアタックでは当時の市販車としての最速ラップを叩きだしたのです。他のどのスポーツカーにも負けることのない官能性も兼ね備えており、一昔前のトヨタ車では考えられないような仕上がになったと言えるでしょう。

 

この車のプロジェクトの中心となっていたのが、まだ社長に就任する前の現社長、豊田章男氏だとも言われています。そして今、さらにLFAの後継モデルの構想が着々とトヨタ内部で勧められているという噂もあり、全世界の車マニアは発表のその時を、今か今かと待ちわびているのです。

 

 

 

車売却トップ

 

査定価格を限界まで引き上げる3つの方法

車査定

 

失敗しない!車を高値で売るための基本ルール

≪誰でも使える!査定価格をアップさせる3つの鉄則≫
時間が無い方や文章が読むのが苦手な方はこちらをご覧ください。車を売る際に最低限して頂きたいことを、簡単にまとめています。

元・ディーラー営業マンが教える交渉術

査定アップ

 

勤務歴5年の元・ディーラー営業マンが大暴露!?

≪価格交渉で絶対負けない!すぐに使える実践交渉術≫
業者は自動車売買のプロです。言われるがままの価格で車を売却してしまうと、100%損をします。必ず得する裏ワザテクニックを紹介しています。

車の相場を簡単に調べる方法

相場を調べる

 

車を売るなら相場価格を知ることは必須!

≪自宅で3分!車の相場価格を簡単に調べる方法≫
大抵の方は、車の本当の価値を知らずに車を手放します。日本車は海外での人気が非常に高く、あなたが思っている以上に価値は高いです。

 

 

 

 

 

 

 


HOME 査定価格を引き上げる3つのコツ 元・ディーラー営業マンが教える交渉術 高額査定を引き出せる時期