車を長く乗り続ける

車を長く乗り続けるためのポイント

車を長く乗り続けるためには、ボディのメンテンナンスは大切です。例えば、ボディのツヤにとって水分は大敵になります。また一定期間で、自動車修理工場に整備に出すということは、消耗品はもちろん、経年変化で劣化するパーツなども、悪くなってしまう前にきちんと交換することが大切です。

 

また、同じ車を長期的に同じ自動車整備工場に入庫することもポイントです。同じ自動車整備工場に出すことによって、年数が経てば経つほどに、自動車整備士も丁寧に扱ってくれるようになるでしょう。

 

私は、自動車販売店でエンジニアとして働いていたことが理由で、今まで世界中の新車に乗り、様々な中古車に触れ、新旧問わず車の多種多様な故障を修理して、様々なタイプの車好きと会話をしてきました。

 

その経験や車の特性から導いた結果、車を長持ちさせるためには共通のエッセンスが存在することが分かりました。車を長持ちさせるためには、特別な時に特別なことをする、というのではいけません。

 

しかしながら、難しいことは何1つありません。車は意識の持ち方と、一手間二手間加えるだけで、10年〜20年はどんな車でも持つといえるでしょう。車は長持ちさせることが可能なのです。車を長持ちさせるための習慣が身につけば、あとは自然と車は長持ちするように作られているのです。

 

 

例えば、日常の車の運転の仕方を少しだけ気をつけてみまyそう。人の運転には、実に多くの癖が存在します。一度染み付いた癖は簡単に治すことは困難ですが、その癖は車の寿命を考えるうえで命取りになってしまいます。

 

間違った乗り方を長年強いられてきた車は、間違いなく程度の良さにも影響してきます。正しい運転を実践している人の車は、癖がなくとても乗りやすい状態にあります。

 

運転に特殊な技能は必要ないといえるでしょう。ほんの少しの気遣いで充分なのです。1年や2年なら大した差にもなりませんが、3年、4年、5年を過ぎた辺りから、その運転の癖が車の至る所に悪影響を及ぼしていきます。

 

長く大事に車に乗りたいと考えているならば、まず車に優しい運転術を身につけることからはじめてみましょう。


HOME 査定価格を引き上げる3つのコツ 元・ディーラー営業マンが教える交渉術 高額査定を引き出せる時期