ポルシェ 評判 人気

ポルシェ911の評判・人気の秘密

中身が一新

 

ナローと呼ばれていた初期モデルから数えて、7代目となるのがモデルナンバー911です。ポルシェが「911史上もっとも大規模なモデルチェンジ」と主張するよるのも納得。

 

中身は一新されていると言っても過言ではないだろう。中でも徹底されているのは、運動性能と燃費性能の向上を目的とした軽量ボディです。安全性と装備の充実、ボディ剛性強化、ギアボックスの7速化といった、あらゆる重量増加要因を抱えているにも関わらず、カレラに関しては、従来モデルに比べ50kgも軽い1410kgを達成しているのは驚きである。

 

1410kgと言えば、プリウスのGグレードやゴルフGTIとほぼ同じ重量ですから、これだけのボディ剛性を備え、3.4lフラット6を搭載した最高級モデルのポルシェがこの重量というのはとんでもない話なのである。

 

試乗の感想

 

一度走ると、虜になることは確実でしょう。私が試乗したカレラSのPDK仕様は、20インチタイヤを装着していましたが、乗り心地にとても優れていて滑らかで、荒れた路面でも突き上げやビビリは全く感じませんでした。

 

ご存知の方も多いかもしれませんが、997の弱点でもあった高速巡航時のピッチングも綺麗に収まり、コックピットの設計も見違えるほどの上品な仕上がりになっています。快適性においての進化は革新的だとも言えるでしょう。

 

急カーブに入り、強い遠心力でクビが辛くなるようなコーナーでも、余裕で対応してくれます。エンジンもさらに力強さを増した感がありました。余談にはなりますが、ニュルブルクリンクでは、新型カレラSが997のターボやGT3と同じラップタイムを記録したらしいです。

 

スポーツカーに永遠に付きまとう、社会性とパフォーマンスの両立。新型911は、このスポーツカー業界全体の課題に対して、とても理想的な回答を示しているのではないでしょうか。

 

 

 

車売却トップ

 

査定価格を限界まで引き上げる3つの方法

車査定

 

失敗しない!車を高値で売るための基本ルール

≪誰でも使える!査定価格をアップさせる3つの鉄則≫
時間が無い方や文章が読むのが苦手な方はこちらをご覧ください。車を売る際に最低限して頂きたいことを、簡単にまとめています。

元・ディーラー営業マンが教える交渉術

査定アップ

 

勤務歴5年の元・ディーラー営業マンが大暴露!?

≪価格交渉で絶対負けない!すぐに使える実践交渉術≫
業者は自動車売買のプロです。言われるがままの価格で車を売却してしまうと、100%損をします。必ず得する裏ワザテクニックを紹介しています。

車の相場を簡単に調べる方法

相場を調べる

 

車を売るなら相場価格を知ることは必須!

≪自宅で3分!車の相場価格を簡単に調べる方法≫
大抵の方は、車の本当の価値を知らずに車を手放します。日本車は海外での人気が非常に高く、あなたが思っている以上に価値は高いです。


HOME 査定価格を引き上げる3つのコツ 元・ディーラー営業マンが教える交渉術 高額査定を引き出せる時期