車 売却 リサイクル料金

リサイクル料金とは…

我が国では、平成17年(2005年)1月1日より「自動車リサイクル法(正式名称:使用済自動車の再資源化等に関する法律)」が施行されました。

 

これにより車を廃車・抹消解体する際の、「エアコンのフロンガス」「エアバッグ」「シュレッダーダスト(有用資源を回収した後に残る大量のごみ)」の処理費用を車の所有者が負担しなければなりません。

 

この処理費用を、「リサイクル料金」と呼びます。自動車リサイクル法ができた背景には、悪徳業者がこれらを処理するための費用をごまかし、不法投棄や埋立てが横行したことがあげられます。

 

リサイクル料金

いずれにせよ、「普通自動車」「小型自動車」「軽自動車」「大型車(トラック、バスなど)」「特種自動車(8ナンバー車)」「ナンバープレートが付いていない構内車」などは全て、車の所有者がリサイクル料金を支払う必要があるのです。そして、これを支払った証明として「リサイクル券」が発行されています。

 

リサイクル料金を支払うタイミング

 

通常、リサイクル料金は車の購入時に車両代と一緒に支払うことになっています。しかし、法律が施行された平成17年(2005年)1月1日以前に購入された車であれば、車購入時に支払うことはできませんから、おそらく「車検時」に支払いを済ませていると思います。

 

リサイクル料金を支払わなければ、車検を通すこともできませんから間違いないでしょう。自動車リサイクル料金は、メーカーや車種によって違いはありますが、おおよそ下記の通りになります。

 

軽自動車

約8,000円

普通自動車

約10,000円

外国車

約20,000円

 

車を売却する際には、リサイクル料金は戻ってくる?

 

車を売却する際には、リサイクル料金は必ず戻ってきます。なぜならリサイクル料金は、最終的に車を廃車・処分・抹消解体する人が支払う形になっているからです。

 

「ババ抜き」のルールと同じだと考えてください。車を下取にだしたり、中古車買取業者に売却するという事は、また新しい所有者の手に車は渡ることになりますので、もしその車を処分するのであれば、新しい所有者がリサイクル料金を支払わなければならないのです。

 

ですから、一度支払った「リサイクル料金」も車を手放すことであなたの手元に戻ってきます。

 

中にはこの事実をお客さんに言わず、さも買取額を上げたような言い回しなどをする業者もいますので、必ず車の売却額とリサイクル料金の返金分はわけて値段を提示してもらうようにしましょう。

 

ここだけは要チェック!当サイト人気コンテンツTOP3

当サイトで人気の高い記事をピックアップ!車の売却を検討中の方は、参考にしてみて下さい。

査定価格を限界まで引き上げる3つの方法

車査定

 

失敗しない!車を高値で売るための基本ルール

≪誰でも使える!査定価格をアップさせる3つの鉄則≫
時間が無い方や文章を読むのが苦手な方はこちらをお読みください。車を売る際に最低限しなければならないことをまとめています。

元・ディーラー営業マンが教える交渉術

査定アップ

 

勤務歴5年の元・ディーラー営業マンが大暴露!?

≪価格交渉で絶対負けない!すぐに使える実践交渉術≫
業者は自動車売買のプロです。言われるがままの価格で車を売却してしまうと100%損をします。ぜったい得する裏ワザテクニックを紹介しています。

車の相場を簡単に調べる方法

相場を調べる

 

車を売るなら相場価格を知ることは必須!

≪自宅で3分!車の相場価格を簡単に調べる方法≫
多くの方は、クルマの本当の価値を知らぬまま手放します。日本車は海外での人気がとても高く、あなたが思っている以上に価値は高いんですよ。


HOME 査定価格を引き上げる3つのコツ 元・ディーラー営業マンが教える交渉術 高額査定を引き出せる時期