下取り 買取 違い

「下取り」と「買取」の違いとは?

ミニカーの画像

 

クルマの「下取り」と「買取」、この2つの違いをしっかり理解している人は少ないのではないでしょうか?

 

どちらも、クルマを売却するという意味では変わりません。

 

ただし、「下取り」は新しいクルマを手に入れるため、今まで乗っていたクルマを売却すること。一方、「買取」はクルマの購入に関わらず、単純に売るだけの行為をいいます。

 

では、クルマを売るとしたら、下取りと買取ではどちらがお得なのでしょうか?

 

当ページでは、下取りと買取の違いをくわしく解説しながら、それぞれのメリット&デメリットについて言及しています。

 

これからクルマを売却予定の方は参考にしてみてください。

 

新しい車に乗り換える「下取り」

トヨタディーラーの画像

 

下取りとは?

下取りとは、一言でいうと「乗り換え」です。

 

新しくクルマを購入する代わりに、その購入店舗に今まで乗っていたクルマを売ることをいいます。

 

売って得られた利益は、新しいクルマの購入資金として充てられるため、現金のやり取りは発生しません。クルマの購入代金から差し引かれる形で反映されます。

 

一般的には、新車ディーラーや中古車販売店でよくおこなわれる取引です。

 

下取りのメリットは?

下取りのメリットは、なによりも「手間がかからないこと」。

 

買うのも売るのも同じ店、同じスタッフなので、交渉や書類の受け渡しが一本化されてスムーズに商談を進められます。

 

また、新しいクルマが納車されるまでは乗っていられるので、「クルマが無いと生活できない!」という人には助かります。

 

下取りのデメリットは?

逆にデメリットは、「買取りに比べて査定額が低くなりがちであること」。

 

とくに新車販売がメインのディーラーの場合、買取店(ガリバーやアップルなど)に比べると、中古車の販売ネットワークやノウハウを持っていないぶん、どうあがいても価格では太刀打ちできないケースが多いです。

 

わたしがディーラーで働いていたときも、買取店と競合して負けてしまうことがよくありました。

 

というのも、新車を売って利益を稼ぐディーラーと中古車を売るのが専門の買取店では、そもそものビジネスモデルが違います。ディーラー側の人間からすれば「価格で勝てないのはしょうがない…」と、諦めるしかないのが正直なところです。

 

ただし、ディーラーの決算やキャンペーンの時期に重なれば、買取店よりも高く下取りできるケースもあります。この辺りの事情については、ページの下部でくわしく書いていきます。

 

とにかく「ディーラーよりも中古車店のほうが高く売れる可能性が高い!」という点だけ抑えておきましょう。

 

車を売るだけの「買取」

車屋の画像

 

買取とは?

自分のクルマを売って、その売却益を現金で受け取るのが「買取」です。

 

車のローンが残っていれば、ローン残金に充当することもありますが、基本は振込みで支払われます。

 

買取価格は「業者間オークション」の相場をもとに、クルマの状態・年式・走行距離・メンテナンス状況など、総合的に判断して算出されています。

 

ただし中古車相場は、地域によっても価格が大きく異なります。たとえば、東京であれば30万円で買取ってもらえるクルマも、九州地方に持っていくと20万円になってしまう…といった具合です。

 

そのため、全国に販売ネットワークを持っている大手買取店と、特定の地域のみで商売をしている中小では、買取価格に大きな差が生じることがあります。

 

まったく同じクルマなのに、買取価格が20万以上も違うなんてことは当たり前。後悔することがないよう、必ず複数の業者で見積を取ったうえで売り先を決めることをオススメします。

 

買取のメリットは?

買取のメリットは、なんといっても高値でクルマが売れることでしょう。

 

とくに全国展開している買取店であれば、各地の相場やオークション情報をリアルタイムで把握しているので、即座に査定額に反映してくれます。

 

一般の方には車のオークションってあまり馴染みがないかもしれませんが、じつは全国にはたくさんあるんです。

 

もっとも有名なのが「USS」という会社。東証一部上場もしている大企業です。

 

ほかにも、トヨタオートオークション、日産オートオークション等など…毎週数万〜数十万規模の中古車が取引されています。

 

さらに、東南アジアやアフリカなどの新興国に輸出をおこなっている業者であれば、日本では需要のない多走行・低年式車でも高値で買取ってもらえます。

 

「自動車大国」である日本で生活をしていると気付きませんが、大半の国ではクルマを自国で生産していません。なので、世界中のバイヤーが日本に買い付けにやって来ます。

 

日本人の感覚であれば10年、10万キロ乗ったクルマなんて価値がないでしょうが、海外の人達はそうではありません。30年、50万キロなんて当たり前。

 

とくに日本車は性能が良く、壊れにくいと大変人気があります。だからこそ、想像もつかないほどの高値が付くのです。

 

このように、中古車専門で扱っている買取店では、少々高値で仕入れたとしても、スピーディーに再販できるネットワークが確立されています。

 

在庫として抱えてしまうリスクが少ないぶん、強気の価格も出せるのです。

 

買取のデメリットは?

逆にデメリットは、下取りよりも「手間がかかること」。

 

先述したように、中古車価格は相場の影響を受けやすいのが特徴です。そのため「どこで売るのか?」「いつ売るのか?」「どんなクルマを売るのか?」によっても、価格が大きく変動します。

 

なので、損しないためにも、複数の買取業者で査定をしてもらい、自分のクルマの相場を把握しておくことが大切です。

 

最近では「中古車一括査定サイト」のような便利なサービスも出来て、だいぶラクにはなったものの、それでも手間がかかることに違いはありません。

 

買取の場合、高値で売れる可能性が高いぶん、やるべきことも多いのが難点です。

 

下取りと買取、どちらが高く売れるの?

見積書

 

車種や時期によって異なる

何度もお伝えしてきた通り、基本的には「買取店」のほうが高値で買取ってもらえるケースが多いです。

 

営業マンをやってた頃、一度だけ調べたことがあるのですが、ディーラーよりも買取店のほうが平均17万円以上高く売れるというデータも残っています。

 

なので「1円でも高く買取ってもらいたい!」と思う方は、迷わず買取店に依頼するとよいでしょう。

 

ただし、車種や時期によっては、ディーラーの「下取り」のほうが高く売却できるケースがあるので注意してください。

 

では、下取りのほうが高い時期とは、どんなタイミングなのでしょうか?

 

それは、決算期やお正月におこなわれる「下取り強化キャンペーン」です。

 

新車の販売施策で、通常であれば値段がつかないようなクルマでも、一律5〜10万くらいで引き取ってもらえます。

 

上手くタイミングさえ合えば、買取店に売るよりも高値がつく可能性が高いでしょう。

 

どうすれば高く売れる?

世間では知られていませんが、新車を1台売るよりも、中古車1台売るほうが利益は大きいです。

 

その理由は、安く仕入れて、高く売っているから。

 

そもそも、ディーラーとメーカーは別会社。ディーラーもメーカーのお客さんに過ぎません。

 

そして、新車の仕入れ値は、皆さんが想像しているよりもはるかに高いです。仮に1台売れたとしても、ディーラーに入る利益なんてたかが知れています…。

 

それに比べたら、中古車のほうがずっと儲かります。20万で買取ったクルマを、100万で売るなんてことは当たり前。整備やクリーニングはすべて自社工場でおこなうため、差額の80万円をほぼ利益にすることができるのです。

 

そのため、相場を知らずに業者の言いなりのまま売却してしまうと、結果的に損をしてしまいます。

 

そうならないためにも、まずは複数の業者で見積を取ってみて、クルマの相場を知ることが大切です。相場さえ知っておけば、安く買い叩かれる心配もありませんし、業者同士を競わせることでより高値で売ることができます。

 

やってみると分かるのですが、業者によって価格がまったく違います。「えっ…マジで?」ってくらい差が出ることもあるので、必ず一度はやっておくと良いでしょう。

 

とはいえ、いくつものお店に足を運んで査定してもらい、そこから値上げ交渉まで進めていくとなると、正直かなり面倒です…。ガソリン代もかかるため、余計な出費が増えてしまいます。

 

そんなとき便利なのが、大手買取店から一括で見積が取れる「かんたん 車査定ガイド」です。

 

簡単車査定ガイド

利用者実績NO.1「かんたん 車査定ガイド

45秒で最大10社の査定価格が提示されます。

 

「あなたの愛車、今いくら?」ってフレーズ、聞いたことありますよね。

 

ネットで車の情報を入力するだけで、最大10社の買取店から査定見積がとれるサービスです。

 

「A社 67万、B社 83万、C社 59万…」といった感じで表示されるので、あとはイチバン高い業者に売れば良いだけ。とってもカンタンですよね。

 

車の買取相場

 

かんたん 車査定ガイド」を提供しているのは、株式会社エイチーム。一部上場企業が運営しているので、安心して利用することができます。

 

似たようなサービスは他にもありますが、一番大きな特徴は”加盟店の数がもっとも少ないこと”。

 

「えっ…多いほうが良いんじゃない? 」と思われるかもしれませんが、少ないということは、裏を返せば厳選された企業のみが参加しているということ。

 

実際、加盟条件も厳しく「JADRI(日本自動車流通研究所)」という組織に入っていない企業は参加できません。あえて敷居を高くすることで、悪質な業者を徹底的に排除しているのです。

 

申し込み自体、30秒もあれば終わります。たったこれだけであなたの車の最高額がわかるので、使わない理由はないでしょう。

 

もちろん無料なので、気軽に試してみてください。

 

愛車の買取相場を調べる!

 

 

一括査定を利用する際の注意点

一括査定を申し込むと、最大10社の買取店から見積が送られてきます。

 

ただし、この段階で分かるのはあくまで概算。正確な金額を知りたければ、業者に自宅に来てもらい、実車をみてもらう必要があります。

 

その際、実車査定を依頼する業者は、見積額の高い順から上位3社に絞ってください。

 

ここでイチバン高い業者だけにお願いしてしまうと、業者同士で価格を競わせることができなくなってしまいます。また逆に、10社すべてに依頼をしてしまうと、対応に追われて交渉どころではなくなってしまいます。

 

たくさんの業者に依頼したからといって高くなる訳ではないので、必ず3社まで絞りましょう。

 

そして、3社すべてに実車をみてもらい査定額が出揃った時点で、業者同士に価格を競わせてドンドンと吊り上げています。

 

 

 

A社さんは59万で買取ってくれるそうですが、B社さんはどれくらいまでいけますか?


 

B社さんは67万が限界だそうです。C社さんはどうでしょうか?


 

といった感じで交渉を進めていけば、おのずと価格は上がっていきます。

 

仮に業者側から、

 

 

◯◯様のご希望額はおいくらですか?


 

と聞かれても、

 

 

クルマのことはよく分からないので、イチバン高い業者さんにお譲りしようと思っています。


 

とだけ伝えればOKです。ここで口を滑らせてしまうと、業者に足元を見られてしまいます。

 

何を聞かれても、「よく分からないので、イチバン高い業者にお譲りします」の一点張りで問題ありません。

 

つまり、交渉というより「比較」をすればいいだけなんです。高く売るうえで、専門知識やトーク力は一切必要ありません。

 

最終的に、業者が数千円単位で交渉をしてきたら「限界値」。食い下がって値段が上がるわけでもないので、気持ちよく売ってしまいましょう。

 

一括査定は”業者泣かせ”であると同時に、売る側にとっては絶好のサービスといえます。

 

スマホで簡単に申し込めるので、気軽に試してみてください。

 

無料一括査定サービス

簡単車査定ガイド

 

たった32秒で愛車の相場がわかる「かんたん車査定ガイド」は、日本最大級の無料一括査定サービスです。

 

動車の下取・買取相場は、よく調べないと結果的に損をしてしまいます。車種や年式などの簡単な入力だけで、最大10社(ガリバー・アップル・ラビット・カーチス・カーセブン等)を比較、自宅にいながらにして車の最高額を調べることができます。

 

車を高く売るなら必ず利用したい便利なサービスです。

 

中古車の一括査定はこちらです

一括査定できる車買取会社

中古車ディーラー一覧

 

 

当サイト人気記事ランキング

@査定額を限界まで引き上げる3つの方法

査定価格を引き上げる方法

●●●するだけでプラス20万!?
≪成功率98.7%!確実に査定価格を引き上げる≫
試しに友人や家族が実践したところ、平均21万5,833円も高く売れました。この方法を使えば、どんなクルマでも簡単に…

続きを読む


 

A元ディーラー営業マンが教える交渉術

元・ディーラー営業マンが教える交渉術

業界の裏側を”こっそり”明かす!?

≪価格交渉を制する!絶対負けない実践交渉術≫
営業マンとして働くなかで得たノウハウをふんだんに取り込んだ交渉術を公開中。高額査定を引き出すための”一言”とは…

続きを読む


 

B車の相場を簡単に調べる方法

相場を調べる方法

えっ…こんなに差が出るの!?

≪匿名OK!45秒で愛車の適正価格を調べる≫
相場を知らなければ業者から提示された金額が「安いのか?」「高いのか?」すら判断できません。それがどれだけの…

続きを読む



HOME 査定価格を引き上げる3つのコツ 元・ディーラー営業マンが教える交渉術 高額査定を引き出せる時期