車 査定 価格

車の査定価格を限界まで引き上げる3つのコツ

自動車査定

 

中古車の査定額を劇的に上げる方法をご存知でしょうか?

 

クルマを乗り換えるにせよ処分するにせよ、

1円でも高く売りたい!

損だけは絶対にしたくない!

 

と考えるのは当然のことです。

 

しかし、ネットで車を売る方法を調べてみると、「細かいキズを消しましょう」「内装を綺麗にしましょう」「純正品や付属品は忘れずに装着しましょう」等など…役に立たない情報ばかり溢れているのが現状です。

 

正直、これらの方法を実践したところで査定価格を上げることは難しいでしょう。

 

クルマを高く売るためには、3つのポイントがあります。そして、このポイントをおさえておけば、誰でもカンタンに相場以上の金額で車を売ることができます。

 

試しにこの方法を友人や家族に教えてみたところ、平均21万5,833円の査定額アップに成功しました。

 

細かいテクニックは他の記事でもたくさん紹介していますが、当ページではその中でも特に重要な部分のみに絞って書きました。5分程度で読める内容なので、これからクルマの売却を予定している方は参考にしてください。

 

複数の業者で査定見積を取ること

まずは複数の業者で査定見積をとり、あなたのクルマの相場価格を調べてみましょう。

 

複数に依頼する1番の理由は、店によって査定価格や得意車種が全く違うから。たとえば、「A社では5千円と言われたのに、B社に持っていったら10万円以上になった!」なんてことはよくある話です。

 

なかには、「古いクルマだから、どこに持っていっても同じだろう」と諦めている人もいますが、そんなことはありません。たとえ日本で人気がなくても、海外に持っていけば充分な需要を見込めるクルマはたくさんあります。

 

ちなみに、日本自動車販売協会連合会(自販連)の発表によれば、2015年の中古車輸出の申請台数は約144万台です。4年連続で100万台を超えており、中古車の海外輸出は年々増加の一途をたどっていることが分かります。

 

とくに、東南アジアやアフリカといった新興国における日本車の人気は驚くほどに高いです。国内では廃車寸前の多年式・多走行車でも、信じられないような高値で取引されているのが現状なのです。

 

このような理由から、クルマを高く売りたいのであれば、まずは複数の業者で査定見積を取ることが不可欠です。

 

とはいっても、わざわざお店まで出向いて査定をするとなると、どんなに頑張っても1日数軒が限度でしょう。これでは、時間もガソリン代もかかってしまい非効率です。

 

そんなときに便利なのが「中古車一括査定サイト」です。自宅にいながら、複数社の査定見積をカンタンに取ることができます。

 

30秒ほどの入力をするだけで、「A社は87万、B社は63万、C社は59万…」と買取業者が査定額をどんどん提示してくれます。あとは、イチバン高い金額を出した業者に売ればいいだけです。

 

実際にやってみると分かるのですが、業者によって価格が全然違うのでビックリします。「えっ…マジで?」と目を疑うくらいの差が出ることもあるので、やっておいて損はないでしょう。

 

また、値上げ交渉をする際も、”複数の業者で査定を済ませていること”が前提になります。無料で使えるサービスなので、気軽に試してみてください。

 

一括査定サイトで車の価格を調べる!

 

値上げ交渉を必ずおこないましょう!

車を高く売るうえで「値上げ交渉」は必須です。

 

なぜなら、業者が初回で最高価格を提示するようなことは絶対にないからです。初めは、”お客さんから交渉される”ことを前提にした低めの金額から提示してきます。

 

後々のことを考えて、余力を残しているのです。当然ですが、業者もビジネスなので、できるだけ車を安く仕入れて、できるだけ高く売りたいのが本音です。

 

そのため、初回の言い値のまま車を売ってしまうと100%損をしてしまいます。そうならないためにも、かならず「値上げ交渉」をおこなうようにしてください。

 

交渉する際は、以下のポイントに気をつけましょう。

 

間違った交渉方法

まずは、ダメな交渉の仕方から紹介します。よくありがちなので、くれぐれもマネをしないようにしてください。

 

 

この車、もっと高くなりませんか?


 

最高でいくらまでならいけますか?


 

多くの人は、このような質問をしてしまいがちです。業者側からすれば、とてもよく聞かれる質問なので当然返し慣れています。

 

「もう限界です。」

「どこに持っていっても一緒ですよ。」

 

といった風に上手く丸め込まれて、交渉は失敗してしまうのです。

 

正しい交渉方法

交渉を優位に進めるためには、まずは最低5社以上の買取店で査定をおこない、あなたの車の相場価格を調べましょう。

 

査定をする際は、わざわざ店までいかなくても「中古車一括査定サイト」を使えば充分です。自宅にいながら、大手買取店の査定見積を一気に取ることができるので便利です。

 

次に金額を確認し、査定価格の高い「上位3社」にマトを絞って交渉をスタートさせます。

 

なぜ3社に絞るかというと、単純に交渉相手が多すぎるとやり取りが大変になってしまうからです。3社だろうが、5社だろうが、10社だろうが…最終的な結果は変わりません。

 

もし、忙してく時間の取れない方や、業者とのやりとりが面倒に感じる方は、2社でも充分に価格を引き上げることが可能なので試してみてください。

 

とにかく大切なことは、1社とのみ交渉を進めるのではなく、競合同士で価格を競い合う状況を意図的に作ることです。

 

では、具体的にどのように交渉を進めていけばよいのでしょうか。以下の例を参考にしてください。

 

 

A社さんでは査定額が67万円でした。B社さんではいくらまでいけますか?


 

車の専門知識は一切必要ありません。単純に業者同士の価格を比較、競争させればいいだけです。あとは一言…

 

 

一番高い金額で買い取ってくれる業者にお譲りしようと思っています。


 

とだけ伝えればOKです。たくさん車を仕入れたい業者は、他者に負けないように自ずと価格を引き上げていきます。

 

仮に業者に「ご希望額はおいくらですか?」と尋ねられても、

 

 

車のことはよく分からないので、一番高い業者にお譲りしたいです。


 

と答えましょう。これで充分です。

 

なかには「競わせるなんて申し訳ないんじゃないかな…」と不安に思われる方もいますが、心配は無用です。インターネットを利用した「中古車一括査定サイト」の場合、査定する業者もハナから他社と比較されることを前提に価格を出しています。

 

業者側もこの辺りの事情を重々承知していますので、安心して利用してください。

 

ただし、しつこく交渉を長引かせないようにだけ気をつけましょう。目安として、業者が渋りながら数千円単位で価格を上乗せしてくるあたりが限界値です。

 

引き際をしっかりと見極めたうえで、交渉に臨みましょう。

 

複数の買取業者に一括査定を依頼する!

 

洗車をしてはいけません!

ネット上では、「査定前には洗車をしましょう!」といった情報が溢れていますが、これは真っ赤なウソです。

 

驚かれる方も多いかもしれませんが、洗車をしないほうが車は確実に高く売れます。なので、査定前に洗車やワックスをかける必要はありません。

 

実際わたしがディーラーで働いていた頃は、査定前にかならず汚れた車を洗車していました。新人時代は、先輩社員のお客さんの車を洗うことが日課でした。

 

なぜ、忙しいなか一手間かけてまで洗車をしていたと思いますか?それは、ボディに汚れがあるとキズを発見しにくいからです。

 

つまり裏を返せば、車は多少汚れていたほうがキズが目立たなくなるため、査定価格が高くなることがあるのです。また、日光が直接ボディーに当たる日中や晴れた日を避け、夕方や少し曇った日に査定をしてもらえば、さらにキズが目立たなくなって価格が上がる可能性が高まります。

 

そもそも洗車をした方が良いという情報は、業者側が発信している情報です。洗車やワックスをかけたピカピカの車は、査定をおこなう業者側にとっては都合が良いですが、売る側にとってのメリットは何一つありません。

 

特別な事情でもない限り、余計なことはせずにそのままの状態で査定に出しましょう。

 

車を高く売るには?

簡単車査定ガイド

 

複数の買取業者に査定依頼をしたところ、平均21万5,833円の査定額アップに成功しました。

 

車を高く売るコツは、一括査定サービス「かんたん車査定ガイド」を利用すること。車種や年式などカンタンな入力だけで、最大10社(ガリバー・アップル・ラビット・カーチス・カーセブン等)を比較、自宅にいながらクルマの最高額がわかります。

 

申込みはたったの32秒♪車を高く売るなら必ず利用したい便利なサービスです。

 

中古車の一括査定はこちらです

一括査定できる車買取会社

中古車ディーラー一覧


HOME 査定価格を引き上げる3つのコツ 元・ディーラー営業マンが教える交渉術 高額査定を引き出せる時期