車 売却 書類

車を売却するときに必要な書類は?

自賠責の画像

 

車を売るときに必要な書類には、どんなものがあるのでしょうか?

 

印鑑証明書」「納税証明書」等など…売買契約するうえで必要な書類はたくさんあります。また、車の名義や使用状況によっても異なるので注意が必要です。

 

そこで、当記事では、車をスムーズに売るために事前に準備すべき書類をまとめました。

 

ページの最後では、一緒に準備しておくと「プラス査定」に結びつくモノも紹介していますので、車の売却を検討中の方は参考にしてみてください。

 

普通自動車を売るときに必要な書類

チェックシート

必要な書類をまとめた「チェックシート(PDFファイル)」を作成しました。以下からダウンロードして、ご自由にお使いください。

 

必要書類チェックシート

「チェックシート」はこちらからダウンロードできます(file.pdf)

 

それでは、それぞれの書類についてくわしく解説していきましょう。車を手放す際に必要となる書類は下記の通りです。

 

@車検証

車検証

 

車が保安基準に適合していることを証明する書類です。車内に常備することが義務付けられているので、ダッシュボードの中に保管している人が多いと思います。

 

また、車検証の「所有者」と「使用者」の欄を必ず確認しましょう。どちらにも自分の名前が記載されていれば、問題ありません。車を自由に売ることができます。

 

ただし、それぞれに別の名称が記載されている場合は、所有者と使用者両方の「印鑑証明書」「委任状」「譲渡証明書」が必要になります。

 

よくあるのが、ローンで車を購入し、所有者がディーラー(販売店)やローン会社のままになっているケースです。すでに完済しているのであれば、窓口に連絡をして「所有権解除」の手続きをしてください。

 

一方、支払いがまだ残っている場合は、手放す前に一括返済しなければいけません。くわしい手続き方法については、こちらの記事で解説しています。

 

ローンが残っていてる車を売るには、どうすればいい?

 

車検証が紛失した場合

管轄の陸運局(運輸局)にて、申請手数料(300円)を払うと再発行してもらえます。

 

A自動車納税証明書

自動車納税証明書

 

毎年5月に届く「自動車税」を支払ったことを証明する書類です。支払い後は、車検証と一緒に保管しておくのが一般的です。

 

納税証明書が紛失した場合

管轄の県税事務所、または陸運局に併設されている自動車税管理事務所で無料で再発行してもらえます。手続き方法については、こちらの記事でもくわしく解説しています。

 

「自動車納税証明書」を再発行するには?

 

B自賠責保険証

自賠責保険証

 

車の使用者が必ず加入しなければいけない強制保険です。車検証と一緒に保管しているのが一般的です。

 

自賠責保険証が紛失した場合

万が一、紛失した場合は保険会社で無料で再発行してもらえます。

 

Cリサイクル券

リサイクル券

 

リサイクル料を支払ったことを証明する書類です。車検証と一緒に保管しているのが一般的です。

 

リサイクル券が紛失した場合

万が一、紛失した場合は自動車リサイクルシステムのサイトから「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷すれば、その書面がリサイクル券の代わりとして使えます。

 

D印鑑証明書(実印)

印鑑証明書

 

捺印した印鑑が「実印」であることを証明する書類です。(※事前に市区町村役場で「実印登録」をしておく必要があります。)

 

車を売る際は、所有者の「印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)」が1通必要になります。また、車を購入するときも1通必要になるので、買い換えの場合は2枚同時に取得しておくと手間が省けます。

 

印鑑証明書の発行方法

市区町村役場の窓口にて発行してもらえます。

 

E住民票・戸籍謄本

住民票

 

住民票は、「車検証」と「印鑑証明書」に記載された住所が異なる場合のみ必要になります。

 

たとえば、車を購入後、引越しをしているにも関わらず、車検証の住所を変更していないケースなどがこれにあたります。住所変更が1回の場合は住民票、住所変更が2回以上の場合は住民票の附票を準備してください。

 

引越しをした場合、車の売却手続きはどうすればいい?

 

また、結婚をして「車検証」と「印鑑証明書」に記載された名字が異なる場合は戸籍謄本が必要になります。

 

発行方法

住民票・住民票の附票・戸籍謄本は、市区町村役場の窓口にて発行してもらえます。

 

 

以上、@〜Eは自分で準備しなければいけない書類になります。続いて、FとGは業者側で準備してくれる書類になります。

 

F委任状

委任状

 

車の「名義変更」手続きを業者に代行してもらうときに必要な書類です。自分で手続きをするなら要りませんが、通常は業者に頼むのが一般的です。

 

委任状には実印を押してください。なお、委任状の用紙は買取業者が用意してくれます。

 

G譲渡証明書

譲渡証明書

 

車を相手に譲渡することを証明する書類です。委任状と同様、実印を押してください。

 

なお、譲渡証明書も買取業者が用意してくれます。個人売買をする場合は、インターネットでフォーマットをダウンロードするとよいでしょう。

 

軽自動車を売るときに必要な書類

車を売却するときに必要な書類は、普通自動車と軽自動車で異なります。普通車とのイチバンの違いは、「印鑑証明書(実印)」が不要な点です。

 

準備する書類は以下の通りです。

@車検証

 

A軽自動車税納税証明書

 

B自賠責保険証

 

Cリサイクル券

 

D申請依頼書(業者が準備)

 

D申請依頼書とは、普通車で言うところの「委任状」と「譲渡証明書」を兼ねた書類になります。用紙は買取業者が用意してくれるので、指定された場所に「認め印」を押せばOKです。

 

準備するとプラス査定になるもの(普通車・軽自動車共通)

以下のモノがあると、査定価格がアップします。必要書類とあわせて準備しておくとよいでしょう。

・整備手帳

 

・取扱い説明書

 

・スペアキー

 

・取り外した純正品など

 

まとめ

いかがでしたか?今回は、車を売るときに準備すべき書類について解説しました。

 

必要な書類をまとめた「チェックシート(PDFファイル)」を作成したので、以下からダウンロードしてご自由にお使いください。

 

必要書類チェックシート

「チェックシート」はこちらからダウンロードできます(file.pdf)

 

さらに疑問や不明点などがあれば、直接買取業者に確認してみるとよいでしょう。細かい部分まで丁寧に教えてくれると思いますよ。

 

また、車をより高く売る方法についてはこちらの記事でくわしく紹介しています。

 

この方法を友人や家族に教えてみたところ、平均21万5,833円の査定額アップに成功しました。「まだどこに売るのか決まっていない…」「もっと高く売りたい!」とお考えの方はご一読ください。

 

査定価格を限界まで引き上げる方法

 

車を高く売るには?

簡単車査定ガイド

 

複数の買取業者に査定依頼をしたところ、平均21万5,833円の査定額アップに成功しました。

 

車を高く売るコツは、一括査定サービス「かんたん車査定ガイド」を利用することです。最大10社の一括査定が受けられ、自宅にいながら車の最高額がわかります。

 

申込みはたったの30秒♪無料で使えるサービスなので、気軽に試してみてください。

 

中古車の一括査定はこちらです

一括査定できる車買取会社

中古車ディーラー一覧

 

 

当サイト人気記事ランキング

@査定額を限界まで引き上げる3つの方法

査定価格を引き上げる方法

●●●するだけでプラス20万!?
≪成功率98.7%!確実に査定価格を引き上げる≫
試しに友人や家族が実践したところ、平均21万5,833円も高く売れました。この方法を使えば、どんなクルマでも簡単に…

続きを読む


 

A元ディーラー営業マンが教える交渉術

元・ディーラー営業マンが教える交渉術

業界の裏側を”こっそり”明かす!?

≪価格交渉を制する!絶対負けない実践交渉術≫
営業マンとして働くなかで得たノウハウをふんだんに取り込んだ交渉術を公開中。高額査定を引き出すための”一言”とは…

続きを読む


 

B車の相場を簡単に調べる方法

相場を調べる方法

えっ…こんなに差が出るの!?

≪匿名OK!45秒で愛車の適正価格を調べる≫
相場を知らなければ業者から提示された金額が「安いのか?」「高いのか?」すら判断できません。それがどれだけの…

続きを読む



HOME 査定価格を引き上げる3つのコツ 元・ディーラー営業マンが教える交渉術 高額査定を引き出せる時期