車売却 トラブル

車売却時のトラブル

書類

車売却に際して起きやすいトラブルの第一番が、「必要書類が揃ってない!」というものになります。

 

必要な書類のうち、特に入れ忘れが発生しやすいのが自動車税(軽自動車税)の納税証明ですが、これが無いと車検が受けられません。

 

個人売買だと新所有者が車検ギリギリに気づくということもあります。また、自賠責保険証も抜け落ち注意の書類だと言えます。

 

どちらも再交付が可能な書類ですが、ギリギリになってから気づいたり、売却後に判明するとトラブルです。あらかじめめしっかりと確認しておきましょう。

 

記載・申告されていない故障・破損

 

また車売却に際して付き物であるのが、思わぬ傷や故障の存在です。また、売る側が査定額を上げようと故意に隠す場合もあります。

 

お互いに気づかないような小さな傷などでは「現状優先で」という扱いもできますが、事故歴・修復歴を隠したとなると大事になってしまいます。

プリウス

 

個人売買でも業者への売却でも後々になってから、損害賠償という話にまで発展する可能性がありますので、分かる範囲でしっかりと自己申告をするようにしましょう。

 

 

所有権の解除ができない

 

ローンで車を購入した場合、そのローンを返し終わるまでは車の所有権は購入者ではなく、ディーラーや信販会社にあります。これを忘れて自分名義のつもりで車を売却しようとすると、「所有権が移せない」という問題が発生します。

 

またローンが終わっていても、所有権を自分に移す手続きが終わってなければ、ちょっと特殊な手続きが必要になってきます。業者に売却する場合は向こうから確認があるでしょうが、個人売買では特に注意が必要です。

 

 

ここだけは要チェック!当サイト人気コンテンツTOP3

当サイトで人気の高い記事をピックアップ!車の売却を検討中の方は、参考にしてみて下さい。

査定価格を限界まで引き上げる3つの方法

車査定

 

失敗しない!車を高値で売るための基本ルール

≪誰でも使える!査定価格をアップさせる3つの鉄則≫
時間が無い方や文章を読むのが苦手な方はこちらをお読みください。車を売る際に最低限しなければならないことをまとめています。

元・ディーラー営業マンが教える交渉術

査定アップ

 

勤務歴5年の元・ディーラー営業マンが大暴露!?

≪価格交渉で絶対負けない!すぐに使える実践交渉術≫
業者は自動車売買のプロです。言われるがままの価格で車を売却してしまうと100%損をします。ぜったい得する裏ワザテクニックを紹介しています。

車の相場を簡単に調べる方法

相場を調べる

 

車を売るなら相場価格を知ることは必須!

≪自宅で3分!車の相場価格を簡単に調べる方法≫
多くの方は、クルマの本当の価値を知らぬまま手放します。日本車は海外での人気がとても高く、あなたが思っている以上に価値は高いんですよ。


HOME 査定価格を引き上げる3つのコツ 元・ディーラー営業マンが教える交渉術 高額査定を引き出せる時期